デジタルIC設計

画期的なテクノロジにより、先進のプロセスノードでも短期間で高品質の設計収束を実現

メンター・グラフィックスのICインプリメンテーションソリューションであるOlympus-SoCおよびCalibre InRouteは、先進のプロセスノードで直面する電力、性能、キャパシティ、Time-to-Market、ばらつきに関する問題を革新的なテクノロジによって解決します。

Olympus-SoC Advanced Node P&R

Olympus-SoC Advanced Node P&R
技術概要[英語]

 

   
Calibre InRouteの概要

Calibre InRouteの概要
技術概要[英語]

 

   

利点

  • 高度なマルチコーナーマルチモード(MCMM)最適化により、ICの性能が向上
  • MCMMクロックツリー合成により、クロックツリーの消費電力を削減
  • DFMを考慮した配線により、タイミング不良につながるリソグラフィの問題を実装時に解決し、歩留まりが向上
  • Calibre物理サインオフ解析の実行とDRCおよびDFM問題の自動修正により、より信頼性の高い製造クロージャを短期間で実現
  • 設計のイタレーション回数の削減、スケーラブルなマルチスレッディング、サインオフ品質のクロージャにより、製品の市場投入期間が短縮
  • 業界で最も大容量のデータ構造サポートにより、4億を超えるゲート規模の設計も容易にロードして処理が可能
  • 高い歩留まりとTime-to-Market短縮によるコスト削減

デジタルIC設計製品

  • Olympus-SoC 65nm/45nm世代におけるばらつきの問題を考慮した完全なICインプリメンテーションソリューション
  • Calibre InRoute 設計者は、Olympus-SoC配置配線システムでの物理設計段階で、サインオフ品質の製造クロージャを実現可能