Calibre nmDRC

設計が大規模化かつ複雑化するにつれてエラーの数が増加し、検証の繰り返しも増えるなど、全体のサイクルタイムは長期化する傾向にあります。Calibre nmDRCは、従来のDRCツールにはない画期的な機能を搭載し、サイクルタイム短縮のニーズに応えます。

Calibre nmDRCの新機能であるモデル式ベースのDRC(eqDRC: Equation-Based DRC)は、従来のDRCとDFMプロセス・シミュレータの間の空白を埋めるもので、ユーザによる高い拡張性と高速ランタイムを実現することで、設計とプロセスの連携を様々な面から強化します。歩留まりに影響する設計レイアウトの問題を発見して優先付けする作業は、TAT短縮を妨げる大きな要因となっており、こうした問題の中には、従来のDRC測定ではとても対応できない複雑なものもあります。モデル式ベースのDRCでは、製造容易性に直接影響を与える多変数の複雑な2次元/3次元の相互作用を正確に特性定義できます。これにより、信頼性の高い設計トレードオフが可能になり、短時間で最適な修正を行えるようになります。

DRV(Dynamic Results Visualization)とIncremental DRCは、これまで逐次的に行われていたイタレーション作業を根底から変革します。DRVでは、検証を開始してエラーが見つかった時点でただちにデバッグを開始できます。エラーを修正したら、Incremental DRCによって変更箇所のみを並列して検証します。これにより、複数のチェック/デバッグ・サイクルを1日で実行できるようになり、全体的なサイクルタイムが大幅に短縮されます。

DFM解析および改良機能を統合することにより、ランダム、システマティック、パラメトリック歩留まりの低下を最小限に抑えるようにレイアウトのトレードオフを実行できるようになります。DRC、歩留まり解析、レイアウト変更を並列実行することで、単に設計ルール違反を防ぐだけでなく、高歩留まりのレイアウトを短時間で作成できます。

Calibre nmDRCは各種データベースに直接アクセスできるため、使用している設計環境の種類を問わず、フロー全体でCalibre nmDRCを容易に使用可能です。一般的な設計とカプセル化データベース(LEF/DEF、MilkyWay、OpenAccess、GDSII、OASIS)を直接読み込めるため、個別にデータをストリーム出力する手間が省け、DRCサイクルタイムが短縮します。また、データベースへの直接書き込みもサポートしており、DFMのための改良情報を設計データベースにバック・アノテーションすることもできます。さらに、OASISストリーム・ファイル・フォーマットもサポートされているため、ファイルサイズを抑えた高速なストリーム出力が可能で、ファイルの転送や保存も手軽に行うことができます。

特長と利点

  • TATの短縮: 高いCPUスケーラビリティを実現するHyperscalingにより、DRCランタイムを短縮
  • 高度なチェック機能: モデル式ベースのDRCにより、複雑なルールデックなしで高度なチェックが可能になり、面積の縮小や製造ばらつきに対する耐性の向上を実現
  • 並列デバッグ: 並列ワークフローにより、違反の発見、解析、修正を短時間で完了
  • 歩留まり改善までの期間を短縮: モデルベースの検証、解析、視覚化により、歩留まり低下の真の要因となるエラーを検出
  • 投資保護: 既存DRCフローにそのまま導入が可能。250nmから45nmまでのプロセス・ノードで350万行以上のSVRFコードを活用でき、フローのインフラ、トレーニング、ルールデックへの既存投資を保護

解説

Calibre nmDRC

Calibre nmDRCは、100CPUまでのスケーラビリティを発揮するHyperscalingアーキテクチャによりクラス最高のDRCランタイムを実現し、ナノメータ設計における物理検証の課題に対応します。一般的なレイアウト環境とも完全な互換性があり、各種データベースを直接読み出せるため、使い慣れた設計フローからDRCやデバッグ結果をシームレスに呼び出せます。

ビデオを表示

thumbnail

Calibre nmDRC技術概要

導入結果

Calibre nmDRCはCalibreのHyperscalingアーキテクチャが基盤となっており、100 CPUまでのスケーラビリティでクラス最高のDRCランタイムを実現します。

顧客の設計、評価環境、Calibre nmDRCの導入結果を詳しく紹介します。FaradayにおけるnmDRC Hyperscalingの導入結果を見る

 

「Calibreの以前のバージョンを元々使用していたのですが、その際、どこに問題があるのか見つけることが難しい複雑なLVSの問題を抱えていました。そんな折、メンター・グラフィックスのエンジニアから、GUIとエラー・レポートの性能が格段に向上した最新版のCalibreへのアップグレードを勧められました。新しいCalibre RVE/LVSは、インスタンス違反のある位置をすぐに割り出し、即座にショートを確認できました。しかも、どのノードがショートしているかを正確に教えてくれました。Calibreユーザには最新版へのアップグレードを強くお勧めします。」

Adesto Technologies、Layout Manager、Brent Lickiss氏