Calibre RealTime

 

オンデマンドCalibreサインオフ検証

Calibre RealTimeCalibre RealTime では、カスタム設計フローやアナログ/ミックスシグナル(AMS)設計フローに対するCalibreサインオフデザインルールチェック(DRC)をオンデマンドで実行できます。デザインルール違反に関する即座のフィードバックや推奨ルールの遵守状況を表示することにより、設計速度と結果品質の改善をもたらします。

Calibre RealTimeはデジタル設計チェックと同様の自動チェック機能を備えているので、カスタムIC設計者は厳しい生産スケジュールを守りながら、すべてのノードで高品質かつ高性能なデザインの開発に専念できます。

Calibre RealTimeは、Calibreサインオフ品質検証をレイアウト作成時に組み込むことにより、レイアウト~検証~シミュレーションのカスタム/アナログ設計のループを根本的に刷新します。

Calibre RealTime Video Overview

Calibre RealTimeの概要ビデオ

Calibreのサインオフエンジンと認定デックが設計時に発揮する能力を紹介します。

ビデオを表示
 

Calibre RealTimeの詳細

Calibre RealTimeは、カスタム設計フローやAMS設計フロー内でCalibreサインオフDRCを実行します。推奨ルール、パターンマッチング、モデル式ベースのDRC、ダブルパターニングなど、Calibre DRCのチェックをすべて実行可能であり、カスタム/アナログ設計者はこれまで使用してきたCalibreおよび、ファウンドリ認定ルールデックを使って、レイアウト作成時に設計修正できます。

 

時間がかかるレイアウト~検証~シミュレーションのループや、テープアウト後に発生し大きな被害をもたらす製造上の問題から解放されるとしたら、設計フローがどう変わるでしょうか。Calibre RealTimeでは設計時に「その場」での修正や最適化が可能なため、設計工程を低速化させることなく、設計がまだ柔軟なうちに必要なレイアウト変更を加えられます。つまり、Calibre RealTimeを利用すれば、設計ツールではなく設計工程の効率化を図れるようになります。また、Calibre RealTimeはCalibreファミリの一員として、信頼できる結果を約束します。

Calibre RealTimeの図

Calibre RealTimeは、OpenAccessランタイムモデルを通じて、オンデマンドのサインオフ品質DRCをカスタム設計者やアナログ/ミックスシグナル設計者に提供します。

では、どのような仕組みでそのような理想的な設計フローを実現できるのでしょうか。Calibre RealTimeは、業界標準のOpenAccess(OA)データを基にしているので、Calibre物理検証プラットフォームおよびカスタムIC設計/レイアウトシステムとの緊密な統合が可能です。設計ツールからCalibre RealTimeを起動すると、ファウンドリ認定のCalibreルールデックを実行するCalibre解析エンジンを直接呼び出せます。設計内の描画レイヤ数、レイヤごとのチェック数、さらにはチェックの複雑さに関わらず、あらゆるノードを扱うカスタム設計グループが、Calibreの持つ高い信頼性のもとでDRCクリーンを迅速に達成できるようになりました。

calibre-realtime

Calibre RealTimeは、サインオフ品質検証をレイアウト作成時に組み込むことにより、レイアウト~検証~シミュレーションの従来のループを根本的に刷新します。

 

特長と利点

特長

  • ファウンドリ認定の標準ルールデックを使用
  • レイアウト編集時にCalibre nmDRCを自動実行可能
  • ビルトイン型エラーレビューツールバーにより操作性が向上
  • OpenAccessランタイムモデルの利用によって、ほとんどのカスタム設計環境との統合を実現
  • メモリ内チェックの採用により最大限の性能を達成
  • レイアウトインタフェースに結び付けられたユーザ定義のカスタムフィルタをサポート
  • 既存のビルトインチェッカを補完

サポート対象の統合

  • Springsoft Laker™ 設計環境(バージョンOA 2010.8)
  • Calibre IC Station®(v10)

対話型の編集/検証

カスタム/AMSレイアウトの対話型編集/検証により、可能な限り最短の期間でDRCクリーンな設計を実現できます。

即座のフィードバック

時間のかかる個別の検証イタレーション作業を不要にして、全体的な設計サイクル期間を短縮できます。

設計サイクルの短縮

時間のかかる個別の検証イタレーション作業を不要にして、全体的な設計サイクル期間を短縮できます。

設計の最適化

設計サイクルに時間的余裕が生じれば、レイアウト作成時に設計をより入念に最適化できるので、品質と性能が向上します。

生産性の向上

設計工程時に得られる時間や情報が多いほど、設計者は優れた設計の開発に集中できます。Calibre RealTimeでは、設計ルールの単調な解釈作業も、検証完了までの無駄な待ち時間も必要ありません。

1つのツール、1つのインタフェース

Calibre RealTimeは、カスタム設計ツール内で設計作成フローの一部として動作します。ビルトイン型ツールバーの利用により、Calibreの革新的な機能をわずか1クリックで実行できます。

Calibreが持つ高い信頼性

Calibre RealTimeではCalibre解析エンジンとファウンドリ認定ルールデックが使用されているので、設計者は信頼できる結果を得られます。

OpenAccess

OpenAccessランタイムモデルの利用により、Calibre RealTimeはほとんどのカスタム設計環境と統合できます。