Calibre RVE

物理設計は、デバッグと再検証のサイクルを何度も繰り返す作業です。ディープ・サブミクロン時代の大規模な設計では、製造開始までの期間のうち、デバッグにかかる時間の占める割合が非常に大きくなっています。Calibre RVEなら、各ユーザの設計環境で設計エラーを即座に見つけられるため、デバッグ期間を短縮できます。Calibre RVEは一般的なレイアウト環境に容易に組み込んで使用できます。Calibre RVEを使用すると、エラーを短時間で修正するのに必要な情報を簡単に収集できます。

特長と利点

  • 一般的な設計環境とシームレスかつ自動的に統合でき、既存のEDAツール資産の有効利用が可能
  • セル/ブロック単位、フルチップ単位のデバッグが直観的に短時間で行え、デバッグにかかる時間と繰り返し作業の回数を削減
  • 柔軟なカスタマイズが可能なインタフェースにより、結果の選択とソートを手早く実行可能
  • レイアウト、回路図、ソース・ネットリスト、レイアウト・ネットリスト、Calibre nmLVS結果ファイルの間で結果のクロス・プローブが可能
  • Calibre xRCで生成された寄生パラメータはすべてParasitic Browsingウィンドウに表示して抽出値を確認可能
  • CalibreのDFMツールとの連携により、DFM推奨ルールを特定して視覚化
  • 短絡箇所の特定に関するデバッグを自動化することで、きわめて複雑なパワー・グラウンドの短絡も簡単に修正
  • Calibre DRCのエラーに対して、「修正済み」または「次回実行まで保留」のマーキングが可能
  • ソースおよびレイアウト・ネットリストを高速かつ直観的に表示する階層型のSPICEブラウザ

「Calibreの以前のバージョンを元々使用していたのですが、その際、どこに問題があるのか見つけることが難しい複雑なLVSの問題を抱えていました。そんな折、メンター・グラフィックスのエンジニアから、GUIとエラー・レポートの性能が格段に向上した最新版のCalibreへのアップグレードを勧められました。新しいCalibre RVE/LVSは、インスタンス違反のある位置をすぐに割り出し、即座にショートを確認できました。しかも、どのノードがショートしているかを正確に教えてくれました。Calibreユーザには最新版へのアップグレードを強くお勧めします。」

Adesto Technologies、Layout Manager、Brent Lickiss氏