LED/照明

照明機器は現在、従来の照明技術から、より高効率で高信頼性の固体照明へと急速に切り替えが進んでいます。しかし固体照明では、温度が上昇すると光出力と長期的な信頼性が低下するため、特に既存の照明機器の置き換え用途では熱の問題が無視できなくなっています。

LEDインテグレータによる3次元モデルのシミュレーションをサポート

メンター・グラフィックスの熱設計ソフトウェアおよび特性評価ハードウェアは、固体照明部品および製品の熱設計/熱試験に完全なソリューションを提供します。

メンター・グラフィックスの熱設計ソフトウェアをMCADに統合して使用することにより、LEDインテグレータは実際の使用環境を想定して照明機器全体を3次元でモデル化してシミュレーションを行い、製品の性能を完全に把握することができます。さらに、LEDベンダは自社製部品の詳細なバリデーション済みモデルを作成することができ、これを測定用ハードウェアで使用することにより、熱、輻射、光の完全な特性評価が可能になります。

技術文献

LEDのシステムレベルの熱管理問題の解決

この技術文献では、CFDを利用したLED照明製品の設計について説明します。LED製品の光出力と寿命はLEDのジャンクション温度の影響を強く受けるため、製品設計では熱管理が最も重要な問題となります。 技術文献を表示[英語]

関連製品

  • FloTHERM FloTHERMは、伝導、対流、輻射の相互作用を含め、電子機器内外の気流および熱伝達を予測できる強力な3次元CFD(数値流体力学)ソフトウェアです。
  • T3Ster T3Ster®は、半導体チップ・パッケージの熱特性評価を行うための高度なサーマル・テスタです。高精度のハードウェアと高度なソフトウェアを組み合わせることによって、世界トップクラスのサーマル・テスト・ソリューションを実現しています。
  • FloTHERM XT FloTHERM XTは、コンセプト設計から製造にいたる電子設計プロセスのすべての段階で使用できるように設計された、業界唯一の熱シミュレーション・ソリューションであり、製品品質と信頼性の向上およびTime-to-Marketの短縮に役立ちます。
  • T3Ster TeraLED T3Ster TeraLEDは、ハイパワーLEDの熱、輻射、光特性を総合的に評価するためのツールです。
  • FloEFD FloEFDは、Pro/ENGINEER、SolidWorks、CATIAなどの主要なMCADシステムへの緊密な統合が可能で、流体の流れや熱伝達を3次元解析するための機能がすべて用意されています。しかも、従来のCFDソフトウェアとは異なり、複雑な数式や数値メッシュ作成の手間がかかりません。

利用例

メンター・グラフィックスの熱流体解析ソリューションについて、業界区分ごとに紹介しています。

事例内で掲載した社名、部署名、役職名、氏名などは、事例発表当時のものです。

成功事例

OSTAR Projection光源の熱管理

本稿では、OSRAM-OSから発売されたコンパクトなLEDハイパワー光源、OSTAR Projectionの熱特性の基礎について説明します。  詳細[英語]