メンター・グラフィックス、FloMASTERを発表し、
精度、物理性能、使いやすさを強化

2016年11月07日

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、傑出した精度を発揮する高度な機能を備えたFloMASTER™ 1D熱流体システムモデリング製品を発表しました。最新のFloMASTERは、42年以上にわたる研究開発の成果を集結した既存リリースを抜本的に進化させたもので、1,300万ユニットを超えるテスト実行に基づいた抜群の精度を顧客に提供します。モデルベース設計(MBD)、コンポーネントモデリング向けのシミュレーションベース特性評価(SBC: Simulation-Based Characterization)、廃熱回収(WHR: Waste Heat Recovery)システム向けの有機ランキンサイクル(ORC: Organic Rankine Cycle)ソルバ、使いやすさを向上させたインタフェースなどの新技術が、本リリースには盛り込まれています。

FloMASTERは、システムシミュレーション機能を大幅に進化させます。新たに追加されたMBDおよびSBC機能は、データ取得が難しい、またはデータが存在しないコンポーネントの正確なモデリングを可能にします。3D/1D CFD(数値流体力学)を介したFloMASTERのコンポーネント一覧を強化するように、設計者はSBCを利用してメンター・グラフィックスのFloEFD™上で独自の仮想テストベンチを起動でき、これら全てが、単一のライセンスパッケージで提供されます。

作業フローを補完しその適用を拡大するために、メンター・グラフィックスは、FloMASTERで最大60アームを持つ熱流体コンポーネントの作成を可能にする独自技術を開発しました。また、従来型のMBDに則して自らスクリプトを定義し、希望に沿った熱力学モデルを記述することも可能です。この場合も、最大60アームを持つコンポーネントをシミュレーションできます。

自動ランチャ機能を使用すると自動生成されたExcelスプレッドシートからシステムモデルを構築でき、誰でも(特にFloMASTERの専門知識のない人でも)制御された使いやすい環境でシステムシミュレーションを利用できるようになります。マクロ化したスプレッドシートを手作業で生成する労力を削減することで、専門家以外のユーザもソルバを利用できるようになり、FloMASTERの資産価値を大幅に向上させます。

新規追加されたORCソルバは、ORCベースの廃熱回収システムのシミュレーションを実行します。この技術は、性能評価向けに専用テスト装置を保有するロンドンのブルネル大学と共同で開発され、テストの結果、FloMASTERのORCソルバは、ORCシステムの仮想プロトタイピングで抜群の精度を発揮することが確認されました。

FloMASTERのユーザインタフェース(UI)も刷新されて使いやすさが向上し、ユーザの製品使用経験に関係なく導入時の障壁をなくしています。この「使いやすさ」の重要性は、エンブリー・リドル航空大学のEcoCAR 3チームも強調しており、次のように述べています。「チームではFloMASTERを使って、ハードウェアインザループ(HIL)でフルシミュレーションを解析する予定です。また、車両の複雑な熱管理システムにも適用することで車両の性能を最適化できるでしょう。この革新的で便利なツールを使用すれば、チームがこうした作業に費やす時間を削減でき、車両のより複雑な側面に多くの時間を使えるようになります。」

メンター・グラフィックスが製品使用についてユーザ調査(2014年)を実施したところ、その時点においても、回答者の80%以上がFloMASTER(のUIが非常にユーザフレンドリであると答えています。使いやすいUIと自動化ランチャ機能によって、専門知識のない人でも自信を持って、高い生産性と精度でFloMASTERを使えるようになります。

「FloMASTERの新リリースは、3D CFDにおいて一層高い能力とSBCの性能を発揮します。それでいて使いやすく、ユーザエクスペリエンスが強化されているため、どの組織でも高度な機能を活用して優れた製品を生み出すことができるとともに、Time-to-Marketを短縮します。FloMASTERは30年以上もの長い歴史のなかで、幅広い業界に向けて技術を提供してきましたが、今回の最新リリースでORCのような新たな熱力学の市場にも拡大しました。」メンター・グラフィックス、Mechanical Analysis Division、General Manager、Roland Feldhinkelは、上記のように述べています。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、昨年度売上高としておよそ11.8億米ドルを計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

 

熱流体解析について

 

本件に関するお問合わせ

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
マーケティング部
エリソン 有理
E-mail: yuri_ellison@mentor.com