Flowmaster

熱流体システム開発の期間とコストを縮小

業界最先端の汎用1次元CFD(数値流体力学)ソリューションであるFlowmasterを使用すると、開発プロセスの初期段階であっても複雑なシステムの流体力学とパイプ流体をモデル化し解析することができます。

システム全体の圧力サージ、温度、流体流量をシミュレーションし、設計の変更、部品のサイズや選定、動作条件が流体システム全体の性能に与える影響を素早く正確に理解することができます。

Flowmasterで機械システムの相互作用をモデリング

Flowmaster in Automotive このWebセミナーでは、Flowmasterを使用して機械部品をモデリングする方法を解説します。また、飛行機の着陸装置と燃料噴射バルブのシミュレーションを紹介します。オンデマンドWebセミナーを視聴[英語]

ハイライト

先端の熱流体システム・モデリングとシミュレーションにより、実動作条件下での解析が実現

  • 熱伝達解析で、非圧縮システムおよび圧縮システムのさまざまな定常シミュレーションおよび過渡シミュレーションが可能
  • 精度の高い圧力サージ解析、温度、流体流量の予測
  • 内蔵された経験データと多種多様な部品モデル
  • 高速バッチシミュレーション解析
  • パイプ流体のバランス調整で部品サイズを最適化
  • 部品のカスタマイズが可能
  • 多流体シミュレーション、二次空気、空調

追跡可能で安全なデータと設計コラボレーションによって、いつでもどこでも複雑な設計の解析が可能

  • ネットワーク、性能データ、部品、結果を業界標準リレーショナルデータベースに安全に保存
  • 「ロールバック」機能で、モデル設計履歴の追跡と監査証跡(オーディットトレイル)
  • プロジェクトデータへのユーザアクセス許可を管理、制御
  • データベース同期化機能により、サーバに接続していないサイトからも安心して作業可能

シミュレーション機能をカスタマイズおよび拡張できる柔軟なオープンシステム

 

Flowmasterの利用例