Mentor Forum 2016 – 進化するHyperLynx: 最新事例とロードマップ

イベント情報

開催日 : 2016/7/29 (金) 
開催時間 : 13:30〜17:00(受付開始13:00)
会場 : メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
セミナールーム
東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー 20F
案内図

<ご注意>定員になり次第申込みを締切らせていただきます。 また弊社が競合、異業種と判断した企業およびその代理店の方、法人格を持たない個人の方、対象外と判断した方については、フォーラムへの登録、参加、フォーラム会場への立入りをお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

本イベントは終了いたしました。

対象:

  • 高速デジタル機器を設計されているお客様
  • ノイズ問題でお困りのお客様
  • Xpedition、HyperLynxをご利用のお客様

受講料:

  • 無料(事前登録制)

主催:

申込み方法:

  • 「お申込み」のオレンジボタンをクリックして、必要事項をご記入ください。
  • お申込み終了後、ご記入いただいたEmailアドレスまで受講票を送信します。フォーラム開催当日は、プリントアウトした受講票とお名刺2枚をお持ちください。

ご注意:

  • 先着にて定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。
  • 弊社が競合、異業種と判断した企業およびその代理店の方、法人格を持たない個人の方、対象外と判断した方については、フォーラムへの登録、参加、フォーラム会場への立入りをお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ご所属企業の連絡先でご登録ください。
    (フリーメールアドレス、携帯電話アドレスでの登録は受け付けておりません)

フォーラム内容に関するお問い合わせ先:

  • メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
    マーケティング部
    Email: mgj_seminar@mentor.com
    TEL: 03-5488-3035
 

概要:

近年、高速デジタル機器や無線機器、自動車関連などのあらゆる電子機器において、シグナルインテグリティ/パワーインテグリティ(SI/PI)問題と合わせてノイズ問題が大きな課題となっています。回路解析や電磁界解析を別々に実施する手法では、これら課題の解決は困難です。そこでメンター・グラフィックスは、マックスウェル精度の3Dフルウェーブ広帯域、準静電、ハイブリッド電磁界(EM)ソルバを提供する旧Nimbic製品をHyperLynxファミリに迎え、回路/電磁界の連携した解析環境をご提案いたします。
本フォーラムでは、HyperLynx SI/PI、HyperLynx DRC、およびHyperLynx Advanced Solvers(旧Nimbic)についての最新情報と3つのユーザ事例をご紹介いたします。ぜひ、ご参加ください。

 

プログラム:

  13:00- 受付開始
13:30 - 13:35 ご挨拶
13:35 - 14:05 HyperLynxとの融合 - HyperLynx Advanced Solversの強みと最新情報
メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社 門田 和博
14:05 - 14:35 シミュレーションで制する。そのためにEDAに必要なこと。
~LPBフォーマットIEC630555/IEEE2401-2015がEDAの良さを引き出す。そしてその先への挑戦。~
JEITA 半導体設計技術小委員会 主査 (株式会社 東芝) 福場 義憲 様
14:35 - 15:05 HyperLynx SI/PI 9.3 新機能紹介 ~テクノロジへの挑戦~
メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社 齋藤 康晴
15:05 - 15:20 休憩
15:20 - 15:50 HyperLynx Advanced Solversによるパラメトリック解析適用事例
株式会社ソシオネクスト 島田 貴文 様
15:50 - 16:20 HyperLynx DRCによる電気的サインオフフロー
メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社 久島 憲司
16:20 - 16:50 設計・基板サービスビューロ セットメーカー支援企業として求められるシミュレーション技術
株式会社 WADOW 楠 和彦 様
16:50 - 17:00 HyperLynxシリーズ 最新ロードマップ
メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社 門田 和博

※講演タイトルをクリックすると、概要が表示されます。
※プログラムの内容は一部変更になる場合もございますのでご了承ください。