MDD(モデル駆動型開発)は、各設計段階において、設計機能を開発プログラムの要件や機能仕様に直接リンクさせて複雑性を管理する手法です。MDD手法をプラットフォーム開発ライフサイクルに統合することで、コントラクタやその顧客、エンドユーザにとって、スケジュール、コスト、品質面でのリスクを大幅に低減できる可能性が高まります。

SystemVision

SystemVisionを開発環境として使用すると、デジタル、アナログ/ミックスシグナル(AMS)電子部品、制御アルゴリズム/ソフトウェア、センサ、アクチュエータ、機械プラントから構成されるマルチドメインの設計を作成、統合、検証、最適化できます。
製品情報リクエスト