組込みシステム開発

 モデル駆動型開発

モデル駆動型開発

あらゆる段階で使用できるモデルを提供することによって、
組込みシステムの設計フローを統合します。

組込みシステムは、電子機器のハードウェアとソフトウェアを統合させて、大規模システムを高度に動作させ、制御するものです。従来のモデリング機能は要件の文書化に留まっていましたが、今日のモデル駆動型開発では、この機能の強化に加え、モデルの実行と変換が可能になっています。

モデル駆動型開発で目的を達成

モデル駆動型開発の手法を採用することによって、システムアーキテクト、ソフトウェアエンジニア、ハードウェア設計者は、以下の目的を達成できます。

  • より早い段階に要件を検証
  • より高い抽象度で設計、検証
  • 設計から製造実装へ自動変換
  • テクノロジ非依存のフォーマットでIPを取得することによる再利用の推進
  • エンジニアリング・リソースをより柔軟に配分、再配分

上記の目的を達成しながら高生産性、高品質、規格への準拠に対応できます。