ネットワークSI設計のためのモデリングとシミュレーション

 シグナル・インテグリティ(SI)の問題を早期に検出

シグナル・インテグリティ(SI)の問題を早期に検出

シミュレーションベースの技術を使用して、さまざまなCANネットワーク機能を正しく実装します。

100以上のコンピュータを接続する複数のネットワークを設計、管理し、数千にのぼる信号のやり取りを実現しようとすると、想定外の事態に直面することがあります。

CANなどの複雑な車載ネットワークでは、ネットワークの物理レイヤのシグナル・インテグリティ検証が大きな課題となっています。物理プロトタイプを構築し、システム仕様を基にネットワークをテストするという従来の手法は、高いコストがかかってしまいます。

IEEE標準言語VHDL-AMSに基づいたSystemVisionの仮想設計環境は、以下のようにCAN SI解析に適したハードウェア・モデリング機能を提供します。

  • トランシーバのアナログ、デジタル、ミックスシグナルの特性のモデリング機能
  • CAN物理レイヤのツイストペア伝送線路、コネクタ、その他コンポーネントの動作のモデリング機能

SystemVisionは、VHDL-AMSモデリング手法と従来のSPICEモデリング手法の両方に対応しています。

シミュレーションベースの技術の例

  • トランシーバ、ライン、その他コンポーネントの静的/動的特性の解析
  • 終端戦略の検討
  • 中間ノードのスタブ長に対するデータ遅延の特性評価
  • 過渡電圧抑制コンポーネントのESD(静電破壊)保護機能の評価