軍事/航空宇宙分野向けモデル駆動型システム開発

軍事/航空宇宙分野の設計プロセスには、コンピュータ・モデルの開発とモデルのインテリジェントな活用が欠かせません。モデル駆動型開発により、複雑なシステム設計が過酷な動作環境に適応しているか、厳密な信頼性要件に準拠しているかをテストおよび検証できます。

このモデルベースの設計手法により、実ハードウェアを作成する前の段階でシステム・モデルを構築できます。モデルには、機械特性、電磁特性、油圧特性、熱効果特性など代数式または微分方程式で記述可能なさまざまなテクノロジを組み込むことができます。さらに、伝達関数、RTL、アルゴリズム、仕様をベースにしたモデルを活用した設計も可能です。

軍事/航空宇宙分野の開発エンジニアがメンター・グラフィックスのツールを使用することにより、業界独自の厳密な規格に適合する、またはそれらを上回るデジタル・デバイスを設計できます。専用ツールを使用することによって、コストの超過、スケジュールの遅延、信頼性の低下だけでなく、セーフティ・クリティカルな大規模システムおよびプラットフォームの開発に起因する製品の欠陥さえ防ぐことができます。

モデルベース設計手法には以下のメリットがあります。

  • 新しいアイデアの評価
  • コストと製造性の面で設計を最適化
  • 最適なコストで最高品質を実現

SystemVision

SystemVisionを使用して、アナログ/ミックスシグナル設計、デジタル設計、エレメカ設計を開発および解析できます。コンセプトの検証、システム機能の仕様定義、アーキテクチャ・パーティションの検討のほか、電子機器、センサ/アクチュエータ、制御系、組込みソフトウェアの実装および統合のすべてを単一の仮想環境で実行できます。

詳細

 航空システム開発におけるプロセスの分断に対応する

航空システム開発におけるプロセスの分断に対応する

 

システム設計は、仕様設計から詳細なマルチドメイン設計へと続く詳細化のプロセスです。システムの欠陥は多くの場合、このプロセスが分断されることで発生します。技術概要[英語]