SystemVision CAN SI

 CAN解析を容易に

CAN解析を容易に

SystemVision CAN SIは、CANネットワーク設計の主要な解析を自動化します。

SystemVision CAN SIは、SystemVisionのマルチドメインシミュレーション機能を活用した、使い勝手の良い専用パッケージです。物理プロトタイプが完成する前の初期段階に、CAN物理レイヤを迅速に解析し、トポロジとバリアントを検証できます。

SystemVision CAN SIを使用すると、CAN物理レイヤのトランシーバ、ツイストペア伝送線路、ネットワーク接続トポロジ、その他のコンポーネントや性能を含む、コミュニケーションバスのアナログ、デジタル、ミックスシグナル性能を自動でモデリングおよびシミュレーションすることができます。従来の手法でネットワークを設計した場合に必要な手動計算やプロトタイピング作業とは比べものにならない優れた機能を提供します。

SystemVision CAN SIの概要

SystemVision CAN SIは、自動車(ISO 11898-2)、商用車(SAE J1939)、農業機械(ISO 11783)にまたがるCANネットワークアプリケーションのシグナルインテグリティ検証の課題解決に大きな役割を果たしています。コンポーネントの「推奨用途」やネットワークコンフィギュレーションの標準ガイドラインを遵守しようとするあまり、重量やコスト、レイアウト制約に慎重すぎる設計を招く事態を避けることができます。

使い勝手の良いMicrosoft Excelベースの設計入力メカニズムを用いており、ネットワーク設計の作成、データ/通信シーケンスのコンフィギュレーション、シミュレーションの実行、主要なCANバス測定を自動実行し、関連する解析結果を単純なGo/Nogoスプレッドシート形式で取得できます。SystemVision CAN SIは、信号特性評価、パラメトリック解析、EMI(電磁干渉)特性の評価/抑制など、重要なネットワーク開発作業を行う設計チームを支援するツールです。

機能

信号特性評価

あらゆる動作条件と顧客オプション構成に応じた距離の伝送線路の配線損失をシミュレーションし、信号波の終端に関する戦略を決定してスタブ反射を低減し、データ同期化に対する遅延効果を解析します。

パラメトリック解析

主要なシステムパラメータをスイープさせ複数のシミュレーションを実行し、大規模なテストデータセットを取得して、重要なシステムパラメータの依存関係を決定します。設計のトレードオフを解析することによってネットワーク性能を最適化し、最もコスト効率の高いバスコンフィギュレーションを生成するとともに、中間ノードスタブの最適な長さを決定します。

EMI評価

CANバスが取りうるすべてのコンフィギュレーションのEMI(電磁干渉)特性を評価します。差動ラインを対象として、EMIに起因するコモンモード電流を解析します。ESD(静電破壊)が引き起こす通信エラーなどの過渡障害の効果も測定できます。