SystemVision conneXion

 イノベーションから実装まで

設計プロセスの初期段階に統合、テスト

仮想統合を通じて設計パーティションを接続し、点在するチームをつなぐ

SystemVision conneXion(SVX)は、マルチドメイン・シミュレーションを拡張し、さらに高いレベルへ引き上げます。ソフトウェアをハードウェア・シミュレーションに統合する単一シミュレーション環境であり、業界を代表する複数のシステム開発ツールとも連携できます。

SystemVision conneXionは、マルチドメイン/マルチツール環境にも対応できるように、SystemVisionのマルチドメイン・シミュレーション機能を拡張させたものです。

SystemVision conneXionの概要

それほど複雑ではないシステムでも、複数の設計ドメインに関わっています。SystemVisionのマルチドメイン(アナログ、デジタル、センサ/アクチュエータ、機械プラント)シミュレーション機能は、これらのドメインを早期に統合してテストするための基盤を提供します。SystemVisionのマルチドメイン機能を拡張したSystemVision conneXion(SVX)により、ドメイン固有のツールとプロセスを単一シミュレーション環境に統合できます。安全に保護/管理された信号チャネルを利用して、メンター・グラフィックスのSystemVision、MathWorksのSimulink、ナショナルインスツルメンツのLabVIEW、SystemC、C/C++、Java、AUTOSARをつなぐと同時に、時間同期にも対応しているため、データ通信を管理してネットワーク上に分散するツールを連携させることが可能です。アプリケーション間の完全な通信/制御接続によって、システムモデルの各部分をドメイン固有の専用ツールで同時に実行します。設計の欠陥はさまざまな設計技術が混在するインタフェースで見つかることが多いため、これらのシステム分野にまたがる統合とテストを早期に実行することによって、開発プロジェクトそのもののリスクを低減します。

機能/クライアント

言語

ソフトウェアエンジニアがC、C++、Javaを使って組込みソフトウェアを開発する場合であっても、SystemCで記述された抽象モデルをハードウェアエンジニアが実行する場合であっても、設計プロセス初期段階にアルゴリズムにソフトウェア/ハードウェアを統合するメリットを享受できます。

LabVIEW

開発フローの初期段階から設計チームとテストチームの協力体制を確立できます。システムの仮想プロトタイプを使用して、早期の設計検証とテストプログラム開発が可能です。

Simulink

設計チームと制御アルゴリズムチームが、コンカレントな設計フローで連携して作業を行います。物理プロトタイプの完成を待たずに、制御アルゴリズムを開発、検証できます。

AUTOSAR

車載システムの設計者は、フィードバック制御およびセンサ/プラント/アクチュエータ・モデルを含む仮想プラットフォーム環境を使用して、設計プロセスの初期段階であってもAUTOSARソフトウェアを実行できます。

リソース