SystemVision マルチドメイン開発環境

ビジョンが持つパワー

ビジョンが持つパワー

設計の性能を詳細に解析、把握するためのSystemVision

SystemVisionは、複雑なマルチドメイン設計におけるコンセプト探索から詳細実装までを支援する、強力な検証機能と解析機能を備えた単一の設計探索/最適化環境です。

SystemVisionを使用すると、コンセプトの探索、性能仕様の検証、アーキテクチャ分割の検討のほか、抽象レベルまたは実装レベルの電子機器、センサ/アクチュエータ、制御系、組込みソフトウェアを単一の仮想環境へ統合することができます。IEEE規格のVHDL-AMSモデリング言語と業界標準のSPICEモデリング手法に対応しており、開発期間の短縮とハードウェア/ソフトウェア統合の容易化を可能にすると同時に、プログラムの成否に関わるバグが後半になってから見つかるリスクを軽減します。

SystemVision製品ポートフォリオ

SystemVisionはマルチドメイン設計探索/解析ツールです。SystemVision conneXion(SVX)は、SystemVisionのマルチドメイン機能を拡張したものであり、単一のシミュレーション環境内でさまざまなドメイン固有のツールとプロセスを接続します。SystemVision conneXionは、メンター・グラフィックスのSystemVision、MathWorksのSimulink、ナショナルインスツルメンツのLabVIEW、SystemC、C/C++、Java、AUTOSARで実行される設計パーティションを安全に保護/管理された信号チャネルを介して接続します。SV CAN Network SIは、CANバス物理レイヤを解析し、最少コストでエラー無しの最適なアーキテクチャを構築しなければならないCANネットワーク設計者を支援するSystemVisionの専用パッケージです。

機能

設計

デバイスの動作モデルを複数の抽象度で表現する方法を通じてシステム回路図を構築、カスタマイズすることによって、設計のコンセプトを探索します。メンター・グラフィックスのPCB設計フローを通じて、電気的なパーティションから回路基板の実装に直接利用できます。

検証

最も高い抽象度(動作)から最も抽象度が低い(SPICE)回路実装まで、設計をシュミレーションして結果を解析します。コンポーネント/環境/動作条件を変化させて実際のばらつきを解析します。

統合

マルチドメインのシステムに分けられたパーティションと各地に点在するエンジニアリング・チームをつなぎます。デジタル/アナログ・ハードウェア、ソフトウェア、制御アルゴリズム、センサ、アクチュエータ、機械プラントを早期に統合して検証およびテストするための仮想環境を提供します。

最適化

強力なパラメトリック解析機能を用いて、最終設計のコストと性能を改善するための簡単で効果的なパラメータ調整方法を見極め、代替アーキテクチャを検討します。