Volcano Vehicle Systems Architect(VSA)

Volcano VSA(Vehicle Systems Architect)は、AUTOSARベースのシステム設計ツールです。VSAを使用して、車載ソフトウェア/ハードウェアのアーキテクチャ設計、またこれら2つの対応付け、管理が行えます。同時に、複数の開発パートナーにまたがる大規模プロジェクトを管理するためのサポート機能も用意されています。

機能

  • ソフトウェア・アーキテクチャの設計(ソフトウェアのコンポーネントとコンポジションを定義)
  • ハードウェア・アーキテクチャの設計(ECU、ネットワーク、センサ、アクチュエータを定義)
  • 業界標準コンフィギュレーションの管理システムとの統合
  • スクリプト言語サポートによる一貫性チェックとカスタム動作の実装
  • 一貫性チェックを行ってコンポーネントレベルとシステムレベルの両方で設計データを統一
  • AUTOSARへの完全準拠(AUTOSARのメタモデルとそのフォーマットをすべてサポート)
  • デザインに含まれるAUTOSARオブジェクト内のTIMMOエレメントから、システムレベルのタイミング要件を取込み
  • ユーザ設定が可能な設計データ構成により、既存オブジェクトを最大限に再利用
  • 強力なマージ機能により、統合設計データを複数の拠点で編集可能
  • AUTOSARのECUエクストラクトおよびその他のAUTOSAR標準ファイルを生成
  • ODX診断法の交換フォーマットをサポート
  • オープンかつ柔軟なEclipseベースのプラットフォームが、個別のニーズに特化した設計環境を作成

ハイライト

VSAは、ソフトウェア・コンポーネント(SWC)の電子制御ユニット(ECU)へのマッピング、またそれらの間の通信といった、AUTOSARベースのソフトウェア/ハードウェア・アーキテクチャの設計を可能にします。VSAはAUTOSARのデータ・モデルを完全にサポートしているほか、統合コンフィギュレーション管理とマージ・テクノロジにより、複数のユーザや反復型開発を必要とする大規模な開発プロジェクトにも対応します。

 

アーキテクチャ設計

  • ソフトウェアのコンポーネントとコンポジションを定義
  • ECU、ネットワーク、センサ、アクチュエータを定義

「Correct-by-Design(構築しながら修正する)」開発メソドロジ

  • EAST-ADL2言語とTIMMOリサーチ・プロジェクトの結果を利用
  • 設計段階で正確性が保証される、契約ベースによる開発プロセスの基盤を提供

 

AUTOSARサポート

  • 業界標準コンフィギュレーションの管理システムとの統合
  • AUTOSARへの完全準拠(AUTOSARのメタモデルとそのフォーマットをすべてサポート)
  • AUTOSARのECUエクストラクトおよびその他のAUTOSAR標準ファイルを生成
  • デザインに含まれるAUTOSARオブジェクト内のTIMMOエレメントから、システムレベルのタイミング要件を取込み