Volcano VSA COM Designer

Volcano VSA COM Designerは、タイミング要件、バリアント、コンフィギュレーション、リリースを管理しながら、車載用CAN、LINおよびFlexRayのネットワーク設計を行うツールです。また、AUTOSARベースのECUのネットワーク設計と、VTP(Volcano Target Package)を使用した標準的なCAN/ LINのインプリメンテーションにも対応しています。さらに、AUTOSARのベーシック・ソフトウェア(BSW)と他のインプリメンテーション機能の両方を含むシステムを設計することが可能です。

VSA COM Designerは、大規模な産業機器アプリケーションにも対応しており、複数のユーザを同時にサポートし、設計システムの複数のコンフィギュレーションやバリアントの管理を簡略化します。

機能と利点

  • システムレベルのタイミング要件(EAST-ADLとAUTO-SAR)
  • CAN、LIN、FlexRay
  • タイミング解析
  • ネットワーク設計データのコンフィギュレーション、リリース、変更管理
  • 上位ネットワーク設計により、単一設計で大量のバリアントを管理
  • ECUの変更管理を詳細化することで、各ECUでの通信の変更を細かに制御

ハイライト

車載ネットワーク設計者の主な役割は既存のECUコンポーネントを新規に開発されたECUに統合して、単一動作のシステム・コンフィギュレーションを作成することです。その際に多くのECUを複数の車載モデルやプラットフォームで再利用できるようにします。VSA COM Designerでは、ECUごとに変更可能なレベルを指定できるようにすることで、こうした複雑なタスクを実行する設計者をサポートします。さらに、ECUバリアントを「スーパーECU」として管理可能にすることで、設計メンテナンス作業を削減し、すべてのECUバリアントに対してネットワーク設計の一貫性を保ちます。

 

 

車載ネットワーク設計の標準的な手順

  • Volcano VSAまたはその他のシステム設計ツールでシステムを定義する。ここでは、ECU、SWC、トポロジ、タイミング要件などの定義を取り込む。
  • キャリーオーバーECUや既存のネットワーク設計に対する変更制約を定義する。
  • 要求仕様と制約に基づいた初期の通信マトリクスを設計する。
  • ネットワーク設計を再定義する。

 

  • スーパーECUなどの戦略定義を設計する。
  • 要件ごとに解析と検証の手順を設計する。
  • AUTOSAR ECUエクストラクト、DBC、LDF FIBEXなどの出力を生成する。
  • 設定可能なレイアウトとフォーマットでレポートを生成する。