Volcano車載組込みソフトウェア

Volcano車載組込みソフトウェアは、SPICEなどの業界標準の開発プロセスに基づいて非常に高品質なコードを提供します。

車載ソフトウェア製品

CAN & LIN対応Volcano Target Package (VTP)

Volcano Target Package(VTP)は、アプリケーションのCAN/LIN通信に必要なコンフィギュレーション・ツールとソフトウェア・モジュールから構成された組込み通信ソフトウェアです。

Volcano Bootloader

Volcano Bootloaderは、ECU内の任意のソフトウェア・モジュールをCAN(Controller Area Network)経由で更新できるようにするためのスタンドアロン・ソフトウェアです。この機能を利用するには、ECUにフラッシュ・メモリが必要です。

車載ソフトウェア機能

Volcano車載ソフトウェア・ソリューション

製品:

  • Volcano Target Package (CANおよびLIN対応)
  • SW Download Bootloader(ソフトウェアをダウンロードして更新)(ISO 14229)
  • ネットワーク管理(OSEKおよびその他)
    • Volcano Network Management(VNM)モジュールには、OSEK-NMやVCC-NMなどが含まれ、ネットワーク通信のスタートアップ/シャットダウンや通信エラーの対応、コンフィギュレーションのチェックなどの基本的な機能を実行できます。
  • 転送レイヤ(ISO 15765-2)
    • この転送レイヤのソフトウェア・コンポーネント・モジュールはISO 15765-2に準拠しており、大容量のメッセージの組み立て/分解を行います。
  • 診断(ISO 14229/14230)
    • この診断サービス・レイヤのソフトウェア・コンポーネントは、ISO 14229-1または14230に準拠しています。

車載設計フロー

再構成における柔軟性

Volcano車載ソフトウェア・ツールは従来のツールとは異なり、シグナルとフレームのマッピングを変更してもECUサプライヤによるインプリメンテーションは不要なため、ネットワークを柔軟に再構築できます。

機能

  • アプリケーション開発を簡略化するシグナル指向API
  • テスト量を削減する動作予測
  • ネットワーク・アーキテクチャや設計の変更を行うことなくポストコンパイルタイムを再構成
  • CPUメモリの最適化によるコスト削減
  • 最適なリソースを使用してコストを短期間で削減するオブジェクトコードの最適化