Volcano Target Package (VTP) for CAN & LIN

Volcano Target Package(VTP)は、アプリケーション・プログラマに最高の柔軟性と使いやすさを提供する組込み通信ソフトウェアです。VTPは、アプリケーションのCAN/LINによる通信を行うのに必要なコンフィギュレーション・ツールとソフトウェア・モジュールから構成されています。

この組込みソフトウェアは、事前にコンパイルされ完全に検証されたオブジェクト・ライブラリとして提供され、関連ドキュメントも付属しています。十分に定義された APIと無駄のないインタフェースの使用により、ECUソフトウェアとの統合も簡単です。VTPはそのネイティブ・フォーマットまたはDBCやLDFなどの一般に入手可能なフォーマットにより構成され、商用車規格J1939に対応しています。

ハイライト

利点

  • あらゆる環境下において、データロスのないリアルタイムでの予測可能な動作
  • 高効率(メモリ使用量の削減、実行時間の高速化、コードサイズの縮小)
  • 高移植性(低コストで新しいプラットフォームへの移植が可能)
 

ターゲット・パッケージの特長

  • 検証済みのオブジェクト・コード
  • 最適化されたドライバ・コードのサイズ
  • 効率的なサービスへの割り込みルーチン
 

シンプルな構成およびアプリケーションの開発

  • シグナルベースのAPI
  • OEMベースのツールセット、もしくはグラフィカルなVTP Configuration Editor PCツールによってネットワーク構成データをインポート可能

マルチ・プロトコル・ドライバ対応

  • CANとLINの双方に対応
  • J1939シグナル通信との互換性
 

アドオン・コンセプトに対応

  • リング、マスター/スレーブ、AUTOSARベースのネットワーク管理
  • ISO 14229およびISO 15765に基づくUDS診断レイヤ
  • J1939データリンクとアプリケーション診断レイヤ
 

統合されたシグナル・ゲートウェイ

  • 複数のネットワーク間でシグナルを自動的にゲートウェイによって処理
 

柔軟な構成変更

  • シグナルとフレームのマッピングを変更しても再コンパイルは不要

LIN TARGET PACKAGE(LTP)

Volcano LIN Target Package(LTP)は、リソース効率が良いLINノードをLIN 2.1規格に従って実装するためのLIN専用製品です。LINコンソーシアムの設立メンバーとしてLIN規格の策定に大きく貢献したメンター・グラフィックスは、LINネットワークのトップダウン式設計プロセスを完全にサポートしたLIN 2.1規格の実装を実現しました。

AUTOSARソリューション

メンター・グラフィックスは、自動車エンジニアリング・アーキテクチャのオープン・スタンダードを策定する標準化団体、AUTOSARのプレミアム会員です。AUTOSARの詳細情報