マルチドメイン・シミュレーション

自動車業界におけるメカトロニクス・システムのボリュームと複雑度は、機能性並びにパフォーマンスへの要求の拡大に伴い、増加の一途を辿っています。さらに、これらに対する取り組みは、開発サイクル/期間短縮へのプレッシャーが増大する中で行われる必要があります。

メンター・グラフィックスのSystemVisionは、これらの複合的な状況に対処するためのプロセスと開発ツールを提供します。各種シミュレーション・モデルを開発、活用することは、今や難しい話ではなく、むしろ複雑なシステムの開発プロセス全般を成功させるには、必須であると言っても過言ではありません。

SystemVision

SystemVisionは、コンセプトの探索、性能仕様の検証、アーキテクチャ分割の検討のほか、抽象レベルまたは実装レベルの電子機器、センサ/アクチュエータ、制御系、組込みソフトウェアを単一の仮想環境へ統合することができます。

SystemVisionのデータシート

SystemVision conneXion(SVX)は、SystemVisionのマルチドメイン機能を拡張したものであり、単一のシミュレーション環境内でさまざまなドメイン固有のツールとプロセスを接続します。SVXは、メンター・グラフィックスのSystemVision、ナショナルインスツルメンツのLabVIEW、SystemC、C/C++、Java、AUTOSARで実行される設計パーティションを安全に保護/管理された信号チャネルを介して接続します。

SystemVision conneXionのデータシート[英語]