車載ネットワーク

ボディエレクトロニクス、パワートレインの様な、ECUサブシステムを含む車載ネットワークシステムを車両設計全般に組み込む際、重大な問題が発生することがあります。

Volcanoスイートは、今日の複雑な車両設計におけるECUとサブシステムの増加、またそれに伴う多数の信号、通信の起こり得る組み合わせをコントロールする、車載ネットワークおよびそのデータ通信のためのソリューションです。

Volcanoはトップダウン型の決定論的なネットワーク設計、検証プロセスを提供することにより、ネットワーク要件、信号処理の必要なタイミングに基づいた車載ネットワークの設計を可能にします。

AUTOSARソリューション

メンター・グラフィックスは、自動車エンジニアリングアーキテクチャのオープンスタンダードを策定する標準化団体AUTOSARのプレミアム会員です。AUTOSARの詳細

製品

Volcano Network Architect (VNA) は、メンター・グラフィックスのCANおよびLIN通信システム向け設計/解析ツールです。VNAは、設計、解析、並びに管理機能を持ち、固定メッセージを使用する既存の電子コントロールユニット(ECU)を使用したシステムの設計をサポートします。

Volcano Target package(VTP)は、コンフィギュレーションツールと、アプリケーションがCANないしはLIN通信を使用するためのソフトウェアモジュールにより構成された通信用組込みソフトウェアです。

Volcano Bootloader(BL)は、各々のソフトウェアモジュールの更新を可能にする、スタンドアローン型のプログラムです。

リソース

FlexCANベースのDrive-by-Wire車載アプリケーションにおけるジッタの解析実験

技術文献: 本稿では、CANベースの通信アーキテクチャの1つであるFlexCANで設計された実際の車載アプリケーションのジッタ特性評価実験を紹介します。CANプロトコルには大きく変動するジッタがつきものですが、FlexCANは制御システムアプリケーションとメッセージスケジューリングを同期させる簡単な手法を通じてジッタを抑えることができます。本稿ではその方法についても説明します。
詳細