Tanner Eldo RF

ミックスシグナルシミュレーションをRF領域にまで拡張したTanner Eldo® RFは、ワイヤレスアプリケーションのローパワー信号を正確かつ効率的に処理する一連の専用アルゴリズムを採用しており、コネクテッドセンサやIoT市場のワイヤレスアプリケーション向けに実績あるRF検証機能を提供します。

Tanner Eldo RFは、Eldoシミュレータの機能を拡張し、広範な解析機能、RFに特化した一連の機能、さまざまな回路タイプに適した強力な最適化機能セットを備えています。

特長と利点

  • ワイヤレスアプリケーション向けフルチップRF IC検証
  • メンター・グラフィックスやその他主要なIC設計フローとのシームレスな統合
  • フェーズロックループ(PLL)と周波数シンセサイザの閉ループ位相ノイズ解析
  • 数千個の素子を含む大規模RF IC設計向けマルチトーン定常状態解析
  • RF/ベースバンドパーティショニングを伴う変調定常状態解析
  • すべてのワイヤレス規格向けにデジタル変調したソースのライブラリ
  • 非線形性の強い信号解析
  • 内蔵された最適化機能

RF解析機能

  • 定常状態、定常状態小信号、定常状態位相ノイズ
  • 変調定常状態
  • オシレータと位相ノイズ
  • 周波数分周器
  • デジタル変調したソース
  • パラメトリックスイープ
  • PLL

Tanner Eldo RFは、強力な最適化アルゴリズムによって、設計者が回路性能を微調整する支援をします。この最適化機能は、最大限の効率化のためにシミュレーションカーネルにすべて統合されているため、外部ツールは必要ありません。連続/個別パラメータ、制約付きまたは制約なしパラメータに加え、複数のシミュレーションと解析の同時最適化をサポートしています。

Tanner EZwave™波形ツールは、RF、低周波ベースバンドアナログ/デジタル信号で使用するための高度な機能を提供します。周波数ドメインと時間ドメインの両方でデータを処理します。スミスチャート、アイダイアグラム、高度なウィンドウイングを使ったFFT(高速フーリエ変換)、信号対ノイズ比の計算は、内蔵機能のごく一部です。

Tanner IC設計スイートとの緊密な統合により以下の機能を利用できます。

  • 回路図キャプチャツールであるS-EditからTanner Eldo RFを直接実行
  • 動作点の結果を回路図に直接表示
  • シミュレーションセットアップ用ユーザインタフェースでRF解析のシミュレーションモードを直接指定
  • 回路図から波形のクロスプローブ
製品情報リクエスト