Tanner L-Edit ICレイアウト

高度にカスタマイズ可能で柔軟性に優れたアナログ/ミックスシグナル(AMS)IC物理設計環境

AMS ICの完全な物理設計環境であるTanner L-Edit ICは、回路図どおりのレイアウト設計を初回から達成します。このツールを使うことで、効率を最大化するとともに、CAD管理者にかかるサポートの負担を減らすことができます。また、プラットフォームに依存せず、ライセンス形態も柔軟なため、ツールの導入も手軽です。手動配線の手間を減らすTanner L-Edit ICの主な機能は以下のとおりです。

  • リアルタイムのネットフライライン
  • ネットとピンのトラッキング
  • ネット別に指定してジオメトリをマーキング/ハイライト
  • ECO(設計変更指示)のトラッキング
  • WindowsとLinuxの両プラットフォームに対応、かつ、英語/日本語/中国語のグラフィカルインタフェースに対応

特長

完全な階層物理レイアウト

各種の使いやすい機能を備える強力な環境

  • オブジェクトスナップ
  • ノードハイライト
  • マクロ対応
  • レイアウト生成

主要な業界標準規格に対応

  • OpenAccessフォーマットでの読み込み/書き込み
  • スケマティックドリブンレイアウト(SDL)をサポート
  • T-Spice、HSPICE、PSpice、構造Verilog、CDLといった各フォーマットのネットリストファイルを使用

パフォーマンスの最適化

高速なレンダリングとリアルタイムのインタラクティブDRC(デザインルールチェック)を実現します。

豊富なツールオプションとアドオン

Tanner L-Edit ICの機能を拡張する専門ツールとモジュールを用意しています。

製品情報リクエスト