Tanner Waveform Viewer

シミュレーション結果を直観的に表示、比較、解析する波形ビューア

Tanner Waveform Viewer(旧製品名W-Edit)は、直観的なマルチウィンドウとグラフ用マルチインタフェースによって、高度にカスタマイズ可能なフォーマットで波形やデータをすばやく表示します。

  • Tanner T-SpiceシミュレーションとTanner S-Edit回路図入力とのダイナミックな連携
  • 回路図エディタと波形を直接クロスプロービング
  • 大容量(10GB)のデータファイルも簡単に処理
  • WindowsとLinuxの両プラットフォームに対応、かつ、英語/日本語/中国語のグラフィカルインタフェースに対応
  • 任意のトレース式に基づいてトレースを新規作成し、高度な解析や測定データとの比較を簡単に実行(測定データは、最大/最小、平均、交差、二乗平均平方根、オーバーシュート/アンダーシュート、振幅、誤差、交点、遅延、周期、周波数、立ち上がり/立ち下がり時間、ジッタ、パルス幅、セトリング時間、積分、微分、デューティサイクル、スルーレートといったさまざまな値を使用できる)

特長

FFT(高速フーリエ変換)の解析結果を自動で計算して表示

  • dBまたはリニア振幅
  • 位相のラップまたはアンラップが可能
  • FFT結果を実数部または虚数部のグラフに使用

直観的で使いやすい機能

  • ダイナミックなアノテーション
  • スクリプト記述
  • 高性能なトレースナビゲータ

シミュレーション結果のリアルタイム更新

シミュレーション実行中にリアルタイムに結果を表示

製品情報リクエスト