Xpedition xPCB Layout Introduction

受講期間3日間
受講費用180,000円(消費税抜)
PASSBOOK3トークン

コース概要

このコースでは最新のxPCB Layout(XpeditionPCB)を使ったプリント回路基板設計の流れとその手法を学びます。トレーニングは、ライブラリの概要紹介から始まり、実際のツールの操作と設計手順を説明します。実習では回路情報を取り込み、基板内で配置と配線、設計ルールのチェックを行ったうえ、最終的には製造データを出力します。

はじめに、各章ごとにその章にまつわる概要とツールの使い方を説明し、その後に実習がありますので、講義内容をより深く理解できます。

コース内容

  • ライブラリの構造と、基板設計を終了するまでの流れについて
  • ツールの基本的な操作方法を習得する
  • 基板設計を開始する前の準備
  • 基板形状と禁止領域を作成する
  • 部品配置とピンスワップ
  • オンラインDRCとバッチDRCを使い、設計内容を検証する
  • 制約管理システム(Constraint Manager)を使い、配置と配線ルールを定義する
  • 対話型配線、自動配線ツールを使用する
  • テストポイントを配置する
  • プレーン(ベタ)を配置し、生成する
  • シルクスクリーンデータを作成する
  • ガーバー、ドリルデータを生成する
  • 設計した基板に対して寸法線を追加し、図面化する

実習ラボ

  • xPCB Layoutのユーザインタフェースを操作する
  • 基板設計の開始と初期設定
  • 基板外形、配線領域、禁止領域を作成する
  • Component Explorerを使用する
  • 配置検討のためのプランニンググループを作成する
  • 部品とプランニンググループを配置する
  • 設計内容を検証する
  • Constraint Managerを使い、設計規則を定義する
  • Net Explorerを使いネットラインの表示を限定する
  • 対話型配線を行う
  • 自動配線を使用する
  • テストポイントを追加する
  • プレーンを配置のうえ生成する
  • シルクスクリーンデータを作成する
  • ガーバー、ドリルデータを生成する
  • 寸法線を追加し、図面化する

受講対象

  • プリント基板設計者

前提知識

  • プリント基板設計の基本知識とWindowsの基本操作

重要なトピック

  • セントラルライブラリの構造と設計の流れ
  • xPCB Layoutのユーザインタフェース
  • 基板設計を始める前の初期設定
  • 基板外形、配線領域、禁止領域の作成
  • 部品配置
  • 設計規則を定義する
  • 配線を行う
  • テストポイントを追加する
  • プレーンを作成する
  • 設計内容を検証する
  • シルクスクリーンデータを生成する
  • ガーバー、ドリルデータを出力する

関連コース