Ravi Subramanian

Vice President and General Manager, IC Verification Solutions Division

Ravi Subramanianは、Mentor, a Siemens Business(メンター)のIC検証ソリューション事業部を統括するヴァイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーです。現職に就く以前には、同社のアナログ/ミックスシグナル(AMS)検証事業部のジェネラルマネージャーを務めていました。メンター入社前は、2014年にメンターが買収を行ったBerkeley Design Automation (BDA)の社長兼CEOを務め、さらにそれ以前はInfineon Technologiesの3G WCDMAビジネスユニットのヴァイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーの任に就いていました。Subramanianはまた、Infineonが買収したファブレス半導体企業であるMorphics Technologyの創立者でもあり、エンジニアリング部門のヴァイスプレジデント、後にCEOを務めました。Subramanianのキャリアは、AT&T Bell Labsから始まり、ここではAT&T Leadership Awardを受賞しています。

カリフォルニア工科大学で電気工学の利学士号、カリフォルニア大学バークレー校で電気工学とコンピュータサイエンスの博士号を取得。また同校からはUC Regentのフェローシップが授与されました。Subramanianは、無線および有線通信におけるデジタル、アナログおよびRF信号処理技術に関する18にのぼる米国特許の筆頭著者であり、世界中のあらゆる世代にわたって  起業家精神の育成に注力する非営利団体であるThe Indus Entrepreneurs(TiE)の創立会員です。また2007年以来毎年、Rutberg 200 Wireless Influencersの一人として選出され続けています。