メンター・グラフィックス、Mentor Embedded Linuxが
最新のAMD Rシリーズをサポート

2015年10月23日

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、Mentor® Embedded Linux®およびSourcery™開発ツールがAMD Rシリーズ向けのサポートを拡大したことを発表しました。第2世代のAMD Rシリーズには、AMD Radeon R7グラフィックス(旧開発コードネーム: Merlin Falcon)やAMD RシリーズAPU(旧開発コードネーム: Bald Eagle)などがあり、どちらもヘテロジニアスシステムアーキテクチャに対応し、高度な処理性能や高い電力効率、臨場感のあるマルチメディア空間を実現します。Mentor Embedded Linuxおよび開発ツールは、AMD Gシリーズのプロセッサもサポートしています。

本リリースにより、最新AMDプロセッサをサポートするMentor Embedded Linux LiteとSourcery CodeBench Liteをメンター・グラフィックスWebサイトから無償ダウンロードし、評価、プロトタイピング、開発を進めることが可能になります。また、商用版を採用している場合には、最新バージョンへのシームレスな移行が可能です。AMDプロセッサとMentor Embedded Linuxの組み合わせは、強力なハードウェア/ソフトウェアプラットフォームを生み出し、デジタルゲーム、POSシステム、電子標識/電子ディスプレイなどの市場をターゲットとしたダイナミックなアプリケーション構築を実現します。

「AMD RシリーズのSoCは、優れたグラフィックスと処理機能を備える高性能かつローパワーのアーキテクチャを必要とするさまざまな市場に向けて、業界をリードするパフォーマンスをもたらします。今回の発表を受けて、AMD組込み製品の顧客は、無償のMentor Embedded Linux Liteから商用版の堅牢なMentor Embedded Linuxまでの幅広い選択肢の中からLinux開発環境を選び、それぞれの設計課題に対処できるようになります。」AMD Embedded SolutionsのCorporate Vice President and General Manager、Scott Aylor氏は、上記のように述べています。

Mentor Embedded Linuxプラットフォームと開発ツール
AMD組込み製品の顧客は、最新版のMentor Embedded LinuxとSourcery CodeBench Liteをダウンロードして、Yocto Projectの技術に基づいたLinuxベースのカスタムプラットフォームをソースから迅速に構築できます。組込みC/C+開発者は、Mentor Embedded Sourcery CodeBenchと受賞歴のあるSourcery Analyzerを使って、機能、タイミング、性能のボトルネックを視覚化、特定するデバッグフレームワークからシステム動作とタイミングをより深く洞察できるようになります。

商用版のMentor Embedded Linuxには、Qt Creatorを使ったQtベースのユーザインタフェース(UI)開発とデバッグのサポートも追加されました。また、最新の商用版Mentor Embedded Linuxには、統合化された高速グラフィックフレームワークQt 5.3.2へのアップグレードも含まれています。開発者はQtライブラリモジュールに加えて、システムレベルのトレースや解析を可視化する独自の機能を活用できるようになり、フレームレートなどのUI性能指標を簡単に最適化し、グラフィックスを駆使した即応性の高いアプリケーション開発が可能になります。

AMD GシリーズおよびRシリーズ向けの商用版Mentor Embedded Linuxには、以下の機能やサービスが含まれています。

  • Qt 5.3.2の高速グラフィックス機能
  • GStreamer 1.0の高速マルチメディアスタック
  • アプリケーション開発、デバッグ、解析を可能にするEclipseベースのSourcery CodeBench統合開発環境(IDE)
  • Qt Creatorによるグラフィカルユーザインタフェース(GUI)開発およびデバッグ
  • カスタマイズサービス
  • テクニカルサポート

「メンター・グラフィックスとAMDとの継続的な技術連携によって、両社の顧客はAMD RシリーズおよびGシリーズの最新プロセッサ上に高性能なUIを構築し、魅力的な新製品を開発できるようになります。また、AMDとの協力により、組込みLinuxおよびUI開発のリスクを最小限に抑えながらユーザ生産性を向上できるようになったため、製品のイノベーションを促進します。」メンター・グラフィックス、組込みシステム事業部、Platform Business Unit、General Manager、Scot Morrisonは、上記のように述べています。

製品の提供について
AMD組込み製品向けのMentor Embedded Linux Liteは、AMDの顧客向けに、メンター・グラフィックスのWebサイトから無償で提供しています。なお、Mentor Embedded Linuxの商用ライセンスにつきましては、メンター・グラフィックスまでお問い合わせください。

無償ダウンロードおよび製品情報については、www.mentor.com/embedded-software/partners/amdをご覧ください。

メンター・グラフィックスの組込みシステム事業部について
メンター・グラフィックスの組込みシステム事業部は、自動車、産業機器、スマートエネルギー、医療機器、家電を含むさまざまな用途の組込み製品開発を支援しています。商用利用およびカスタマイズ可能なLinuxベースのソリューションとして業界をリードするSourcery CodeBenchとMentor Embedded Linuxは、最新のプロセッサやマイクロコントローラを搭載した組込みシステムの開発を支援します。Nucleus RTOSの小さなフットプリントとローパワー設計は、リアルタイム制御システムの開発に大きなメリットをもたらします。詳しい情報は、www.mentorg.co.jp/embeddedをご覧ください。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、過去12ヶ月間の売上高としておよそ12.4億米ドルを計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

登録商標Linuxは、全世界における商標保持者Linus Torvalds氏から排他的ライセンスを受けているLMI(Linux Mark Institute)からの許諾により使用しています。

Qtは、DIGIA Plcおよび/またはその関連会社の登録商標です。

 

組込みソフトウェアについて

 

本件に関するお問合わせ

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
マーケティング部
エリソン 有理
E-mail: yuri_ellison@mentor.com