メンター・グラフィックス、
アルテラArria 10 SoC FPGA向け
Vista仮想プラットフォームの提供を開始

2015年11月04日

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、アルテラ・コーポレーション(以下アルテラ)のArria 10 SoC FPGAに対応するVista™仮想プラットフォームを発表しました。Vista仮想プラットフォームは、プロセッサのサブシステムとペリフェラルの振舞いを完全に再現する機能シミュレーションモデルで、無料ダウンロード可能な事前ビルド済みのバイナリとして提供されます。この仮想プラットフォームを利用すると、組込みソフトウェア開発を製品ライフサイクル全体にわたって加速し、Time-to-Marketと開発コストの大幅な削減が達成できます。また、Arria 10バイナリ仮想プラットフォームで動作するLinux®のランタイムをRocketboards.orgからダウンロードして組み合わせると、ソフトウェアベースの強力な組込みシステム開発/テストプラットフォームとなります。

Vista仮想プラットフォームを使用すると、Stratix 10 FPGAなどの量産前のデバイスの最初の実シリコンが利用できるようになる以前に、組込みシステムの開発とデバッグに着手できるようになります。Vista仮想プラットフォームのバイナリ実行ファイルは、事前ビルド済みのLinuxイメージとともにホストPC上にインストールして実行します。システムレベルのシミュレーションを実行するために、FPGAファブリックのカスタム機能モデルを連携させることも可能です。Vista仮想プラットフォームは、ベアメタル/RTOS(リアルタイムオペレーティングシステム)とLinux OSの両方をサポートし、アルテラのマルチコアSoC上でのソフトウェア実行とデバッグを支援します。また、非侵襲的にソフトウェア/ハードウェアの細部までアクセスしてデバッグ/プロファイルする特許申請中の技術をはじめ、いくつもの先進技術を搭載しており、デバッグと解析を大幅に向上させます。

「アルテラはメンター・グラフィックスを理想のパートナーとして選びました。アルテラのSoC FPGAを採用している顧客企業がメンター・グラフィックスの先進的な仮想プラットフォームソリューションによって生産性とコード品質を高めることができるからです。メンター・グラフィックスとの技術的な協業を通じて、物理ハードウェアでは発見できない、あるいは発見されてもすでに時遅しとなりかねない設計上の問題を早期に特定できるようになり、結果として組込みソフトウェア開発を加速し、顧客のリスクを低減できます。」アルテラ、Senior Director of Marketing、Chris Ballough氏は、上記のように述べています。

メンター・グラフィックスは、アルテラとの緊密なパートナーシップのもと、Stratix 10製品ファミリ向け仮想プラットフォームを近日中に提供する予定です。

「メンター・グラフィックスは、SoC FPGA分野のリーダーであるアルテラとの協業を価値あるものと考えています。両社のパートナーシップによって、SoC仮想プラットフォームの包括的なポートフォリオを完成させ、アルテラの顧客に一層シンプルなハードウェア/ソフトウェア設計環境を提供していきます。アルテラSoC FPGA開発者がVista仮想プラットフォームを活用すると、性能/精度/コスト面の改善とソフトウェア開発の大幅な加速という双方を同時に達成できるようになります。」メンター・グラフィックス、Embedded Systems Division、Design Creation Business Unit、General Manager、Guy Mosheは、上記のように述べています。

バイナリ実行ファイルにとどまらないメリット
Vista仮想プラットフォームは、Mentor® Embedded Sourcery™ CodeBench Virtual EditionならびにSourcery Analyzerとシームレスに連携し、ソフトウェアとハードウェアの複雑な相互動作に対するデバッグの可視性と制御性の向上、最終製品の性能目標と消費電力目標の達成に向けたソフトウェアの最適化機能など、付加機能とメリットをもたらします。

ハードウェア/システムエンジニアがVista Architectを使用すると、アルテラのハードウェアプラットフォームのソースコードにアクセスし、SoC/FPGAモデルを自由にカスタマイズできるようになります。この機能はさまざまなハードウェア構成、代替のペリフェラル、メモリ階層構造、リソース占有率をいくつもテスト、解析、検討する上で重要です。

Altera SoC FPGA対応のVista仮想プラットフォームは、メンター・グラフィックスのWebサイトからバイナリ実行ファイルとして無料でダウンロードできます。詳細については、go.mentor.com/altera[英語]をご覧ください。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、過去12ヶ月間の売上高としておよそ12.4億米ドルを計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

 

ESLについて

 

本件に関するお問合わせ

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
マーケティング部
エリソン 有理
E-mail: yuri_ellison@mentor.com