メンター・グラフィックスのValor MSS Production Plan、
SAPのPowered by SAP NetWeaver認定を取得

2016年05月23日

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、SAPがValor® MSS Production PlanをPowered by SAP NetWeaverテクノロジプラットフォームに認定したことを発表しました。Valor MSS Production PlanをSAP NetWeaverに統合すると、SMT(表面実装)、手動実装、テストを含むプリント基板(PCB)実装を合理的に計画できるようになり、製造効率を改善し、オペレーションコストを削減します。Valor MSS Production Planを使用することで、PCB製造の有限計画をSAP ERPに追加できるようになります。

SAP ICC(SAPインテグレーション認定センター)は、Valor MSS Production PlanがSAP PI(プロセス統合)(バージョン7.4)のコンテンツパッケージとして統合され、SAP Business Suiteのインスタンスと重要データの交換が可能であることを認定しました。さらに、SAP ERP 6.0との間でBOM(部品表)、作業指示書/注文書、部材在庫チェックデータを交換することも認定しました。このSAP認定により、メンター・グラフィックスの顧客は、Valor MSS Production Planを素早く容易にSAPソリューションへと統合できるようになります。Valor MSS Production Planと、SAPアプリケーション、SAP NetWeaver上で動作する豊富なエコシステムソリューション間の相互運用性の向上は、顧客にとって大きな利点です。SAP認定を受けたソリューションを選択することで、全体的なIT投資のコストとリスクを低減します。

Valor MSS Production Planは、ラインのダウンタイムと段取り替えを最低限に抑え、製造能力と生産性を高めます。ロットサイズが縮小し、製品ライフサイクルの短縮化や多品種化が進むなか、Valor MSS Production Planは、エレクトロニクス製造、実装に欠かせないツールとなっています。このソリューションのみで短期、中期、長期計画を作成できるため、少ない設備投資で納期遵守率を高めます。

「SAP認定は、業界で最も認知されている技術認定の1つです。今回の認定により、メンター・グラフィックスのソリューションの実力が改めて証明されました。ValorツールをSAP NetWeaver上で稼働させ、他のSAP NetWeaverベースソリューションと相互運用できるということは、世界中の顧客にとって大きな強みとなります。」メンター・グラフィックス、Valor Division、General Manager、Dan Hozは、上記のように述べています。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、昨年度売上高としておよそ11.8億米ドルを計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、http://www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

 

PCB製造、実装&テストについて

 

本件に関するお問合わせ

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
マーケティング部
エリソン 有理
E-mail: yuri_ellison@mentor.com