S = PADS Standard S+ = PADS Standard Plus P = PADS Professional
高度なPCBレイアウト

高度なPCBレイアウト

レイアウト機能を拡張するための最も人気のオプション

PCBレイアウトには、高度なPCBレイアウトオプションをご検討ください。PADS Standard Plusだけで利用可能なこのバンドルを追加すると、クラス最高のハイスピード自動配線、DFT(テストポイントの追加)、アドバンスドパッケージングツールキットといった、ベアダイコンポーネントを配置するPCB設計に適したすべての機能に非常にリーズナブルにアクセスできます。S+

  データシートを表示

DCドロップ解析

DCドロップ解析

PADS HyperLynx DC Dropで、高過ぎる電流密度や過剰電圧降下を特定

今日の高性能な先端エレクトロニクス回路の製品開発において、電力供給と信頼性は非常に重要な要素です。製品開発の初期段階に電力供給(PDN)の問題を特定することによって、予期せぬ回路動作や予測不能な回路動作を防止します。S S+

詳細

電子機器の熱解析

電子機器の熱解析

PADS FloTHERM XTで、電子機器の冷却要件に対応

コンポーネントが超小型の筐体に高密度で実装されている今日の高性能デバイスでは、電子機器の熱を適切に管理できないと納期の遅延、信頼性の低下、製品コストの上昇を招く恐れがあります。PADS FloTHERM XTは成功する製品開発を保証します。S S+ P

詳細

 
DFM解析

DFM解析

100を超える一般的な製造/実装解析で歩留まりを改善

製造性の問題を設計段階で解消できるよう支援します。このオプションには100を超える一般的な製造/実装解析が含まれています。製造遅延を引き起こすレジスト片、意図せぬ銅箔領域、不正なテストポイント間隔などの問題の特定をいち早く行います。S+

  データシートを表示[英語]

MCAD Collaborator

MCAD Collaborator

ECADとMCAD間で設計意図を伝達

PADS Standard Plusでのみ使用可能なPADS MCAD Collaboratorオプションを使用し、ECADシステムとMCADシステムの間で設計意図を伝達します。電気設計者と機械設計者はそれぞれのシステムに留まりながら作業できるため、効果的かつ容易な協調設計(コデザイン)が実現します。S+

  データシートを表示[英語]

RF設計

RF設計

RF回路を作成して直接Keysight ADSと連携

高度なRF設計オプションを使用してRF形状を描画し、Keysight ADSへインタフェースします。PADS Professionalでパラメータに基づいてRF回路を作成し、Keysight ADSへ送信してシミュレーションします。もしくは、双方向インタフェースを通じ、RFスペシャリストに回路を送信してもらいます。P

  データシートを表示

 
FPGA - PCB協調設計(コデザイン)

FPGA - PCB協調設計(コデザイン)

多ピンFPGAの設計問題を解決

PADS ProfessionalのFPGA - PCB協調設計(コデザイン)オプションを使用してFPGAのピン配列の割当てを最適化し、配線作業とシグナルインテグリティ(SI)を改善します。HDL論理合成と高度なFPGA - PCB I/O最適化でTime-to-Marketを短縮し、製造コストを削減します。P

  データシートを表示[英語]

設計レビュー

設計レビュー

設計データをレビュー、文書化し、設計プロセスを通して関係者と共有

PADS Professionalの設計レビューオプションを使用すると、複雑なPCB回路図やレイアウト設計を簡単にレビューし、フィードバックを追加して他部門やメーカーと設計情報を共有できます。P

  データシートを表示[英語]

高度な解析

高度な解析

高度な解析オプションで、高品質の製品を設計し、製品不良を削減

このPADS Professionalオプションには、ICの誤動作を防止し、DDR 2/3/4メモリシステムの作成と検証を支援するDCドロップ解析が含まれています。P

  データシートを表示

 
PADS HyperLynx DRC

PADS HyperLynx DRC

設計の完全性と性能に影響を及ぼす複雑な電気的ルール違反を特定

シグナルインテグリティ(SI)/EMI問題の無い製品を出荷できるようにします。PADS HyperLynx DRCは、シミュレーションのみの手法による仮定では発見できない問題(ボイドを交差する配線など)を特定します。S S+

詳細

PADS HyperLynx DDR

PADS HyperLynx DDR

PADS HyperLynx DDRで、DDR 1/2/3メモリインタフェースのタイミング/シグナルインテグリティ(SI)問題を定量化

DDRインタフェースの設計を成功させるには、シグナルインテグリティ(SI)問題の調査と、タイミングマージンに収まっているかの判断が必要です。PADS HyperLynx DDRの使い易いウィザードで、SI/タイミングシミュレーションで使用するパラメータの設定ステップを容易に行えるため、設計を初回で成功させることができます。S S+

詳細

Image

Multi-Trace High-speed Routing

Save time when routing high-speed designs

Set and protect net topologies and eliminate impedance changes. With this option you’ll gain superb control of matched-length, differential pairs, and min/max length nets anywhere in the rules hierarchy.S S+

  View Datasheet

製品情報リクエスト