今日のエレクトロニクス製品には、高速、高帯域幅DDRメモリが必要な最新プロセッサやFPGAが搭載されています。PADS HyperLynx DDRを使用すると、DDRベースの設計を強力に解析し、設計とデバッグのサイクルを短縮することができます。

ウィザードベースのインタフェースですぐに作業を開始

使い易いHyperLynx DDRウィザードでシグナルインテグリティ(SI)/タイミングシミュレーションのパラメータを設定します。アドレス、コマンド、データバスのメモリICやモジュールを含むチャネル全体をシミュレーションします。

直観的なHTMLレポートで結果を精査し、問題点を特定

レポートには、合格/不合格データや詳細結果が記載され、複数のフィルタオプションと各種フォーマットにエクスポートできる機能があります。レポートリンクをクリックすると、グラフ表示で見やすい波形表示ツールが起動します。

タイミング/信号品質の測定値

オシロスコープの環境に結果を表示します。各々の結果の波形を詳細解析し、注意が必要な領域をハイライトします。

製品情報リクエスト