どれだけ慎重にシミュレーションを行った設計でも、シグナルインテグリティ(SI)/電磁干渉(EMI)の問題は発生する可能性があります。PADS HyperLynx DRCの革新的なルールベース解析を使用すると、シミュレーションのみの手法では発見できない一般的な問題も特定できます。

直観的で使い易いウィザードベースのインタフェース

使い易いセットアップウィザードですぐにDRC(デザインルールチェック)を実行できます。電気モデルの割当て、コネクタの定義、パワー/グランドネットの定義、ディスクリート部品、電気的ネットの定義などはすべてセットアップウィザードから設定します。

シグナルインテグリティ(SI)/パワーインテグリティ(PI)標準ルール

事前定義されたシグナルインテグリティ(SI)/パワーインテグリティ(PI)ルールを使用し、スプリットやボイドを交差する配線、リファレンスプレーンが変わる配線といった問題を特定します。

表示結果の分かりやすさ

レイアウト段階にDRCで問題を特定し、基板のリリース前にエラーを解決します。物理ネット、論理ネット、DRCルール違反、コンポーネントごとに結果をフィルタリングできます。

DRC違反をアノテーション

違反にノート(注釈)を付けてマーキングし、設計レビューと解決プロセスを支援します。

製品情報リクエスト