PADSの回路図設計ツールは、設計入力から定義、再利用までサポートした総合ソリューションです。回路設計、シミュレーション、部品選択、ライブラリ管理、シグナルインテグリティのプランニングに必要なあらゆる機能が備わっています。

主要な設計タスクをスムーズに進めることのできるスケーラブルな共通設計環境をデスクトップツールとして実現しました。

階層構造で表示されるプロジェクトナビゲータに、ブロックや部品、ネット、プロパティなどが新しく追加されると、リアルタイムに表示が更新され、必要に応じてフィルタリングすることで、プロジェクトに応じてカスタマイズして表示できます。また、すべてのエディタ間との双方向クロスプローブにも対応しています。設計の再利用とバリアント設計もサポートされているため、製品のTime-to-Marketを短縮し、製品品質を向上すると同時に、製品コストを削減することが可能です。

プロジェクトに合わせたフィルタリング機能により、設計定義を自由に作成

複数のシート、制約条件、シミュレーション機能を共同で使用できます。

部品情報管理機能との統合によりインテリジェントに部品選択

一般に使用されている各種部品データベースから、部品を検索して選択することが可能です。

FPGAやコネクタ、バックプレーンといった多ピンデバイスのテーブルベース設計向けのインターコネクトエディタ(ICE機能)

複数シートにまたがるシンボルに悩まされることなく、多ピンデバイスの接続を迅速に定義します。

PADS Standard Plusを試す

PADS Standard Plusを試してみませんか?クラウド上で使用するか、または期間限定ソフトウェアをデスクトップにダウンロードして使用するか、2つの方法から選択できます。

製品情報リクエスト