Data Exchange

Data Exchangeは、CAMCAD Data SuiteやBOM Explorerからエクスポート/インポートする属性データを操作、編集し、スプレッドシートとデータベースを比較できるツールです。

 

データの比較

BOM(部品表)データのような製造関連データの整合性が欠けていると、正しい製造データの準備に手間がかかります。ASCIIファイルやデータベースに複数からアクセスすると整合性も失われやすくなります。メンター・グラフィックスのData Exchangeを使用すると、さまざまなソースから属性データを取得して比較し、完全性や整合性をチェックできます。

 

Data Exchange環境

Data Exchange環境から、高度な並べ替え、クエリ、SQL機能を使って必要な情報のみを抽出して加工できます。

Data Exchangeはデータベース・エンジンに基づいたツールであり、分かりやすく使いやすいインタフェースから以下の操作を実行できます。

  • 区切り形式データのインポート
  • CAMCADからの属性データのインポート
  • AccessやExcel形式などのデータベースファイルのインポート
  • CAMCADへの属性データのエクスポート
  • 区切り形式データのエクスポート
  • Access形式などのデータベースファイルのエクスポート
  • ファイル比較により簡単に相違点を特定
  • ルックアップテーブルやファイルを使用して、2つの異なるソースから取得したファイルを結合
 

Data Exchangeは、区切り形式のファイルをCAMCAD(.cc)属性ファイルに変換し、データベースがCADデータとマージできるように加工します。Data Exchangeを使用すると、BOMとBOMの比較、BOMとCADデータの比較、CADデータとCADデータの比較など、ユーザが定義した高度な比較が可能で、任意の2つのデータセットの違いを簡単に特定できます。CAD/MRP結合機能などの高度な機能も含まれており、簡単なルックアップテーブルやファイルを使って社内データベースに格納された部品情報をCADデータと結合できます。

製品情報リクエスト