Capital Publisher

既存の配線図面と外部データ・ソースから直接サービス・ドキュメントを作成

Capital Publisher Screenshot

Capital Publisherを使用すると、既存の配線図面とほかのデータ・ソースから直接サービス・ドキュメントを作成できます。

 

Capital Publisherは、サービス・マニュアル作成/編集のためのグラフィカルな設計管理ツールです。電装設計者が作成した配線データを使用して、図面から図面へのフルナビゲーション機能付きの新規図面に再作図できます。複数言語変換出力などあらゆる自動フォーマット・ツールが揃っており、車両諸元表や部品/アセンブリ組立アートワークをはじめとする外部データ・ソースとのハイパーリンクにも対応しています。保守整備工場でCapital Publisherの設計データにアクセスすることにより、クリック&スプラウト方式のシグナル・トレース機能を使用して、車両オプションごとの配線や部品を確認することができます。

特長と利点

  • 配線図面から保守整備用図面を作成 - エラーが起きやすく時間のかかる転写作業が不要
  • 新規の保守整備図面で基本項目を選択すると、自動ビュー機能によって詳細が追加され、完全な図面を生成可能 - 保守整備図面を多彩に表示
  • オプション・フィルタリングで個別の車両図面を生成可能 -印刷された紙ベースのドキュメントよりも正確な品質情報を素早く簡単に保守整備工場に提供
  • 言語辞書により、すべての仕向け地に対応した自動翻訳が可能 - 新興市場への参入コストを最小化
  • ページ編集機能により、ハイパーリンク付きデザイン/ページブラウザ、車両諸元表、アセンブリ・アートワークが付属した配線図面の統合が可能 - 部品とサブシステムの「大百科辞典」表示で不具合の迅速な追跡を支援
  • サービス・ドキュメントを複数の保守整備担当者に一斉に配布できるWebブラウザにより、電子情報と電子ドキュメントの高速閲覧が可能

Capital Publisherの拡張機能

Technician Environment

保守整備(サービス)ためのインテリジェントなドキュメント作成機能

Capital PublisherのTechnician Environmentを保守整備工場にインストールしておくことにより、Capital Publisherで作成したドキュメントに保守整備工場からもアクセスできます。車両ごとのサービス・マニュアルがオンデマンド生成され、複数の車両オプションが表示された図面全体を担当者が読み解くという、時間がかり、エラーが起きやすい作業を回避できます。クリック&スプラウト方式のシグナル・トレース機能を使用すると、配線図面上のどこが問題なのかを素早く突き止めることができます。ナビゲーションの容易なマルチビュー機能(車両での部品位置、配線図面、部品仕様)を使用して、部品の動作と仕様を素早く識別でき、問題診断にかかる時間を短縮できます。