Capital Systems

機能キャプチャとマルチドメインの実装最適化

Capital Systemsは、車両プラットフォームを構成する機能の特性と接続関係を取り込み、最適に実装するためのツールです。軽量な開発環境内でソフトウェア機能、ハードウェア機能、ネットワーク機能、電気機能を一体的に管理することで、複数の設計ドメインをまたぐ協業を容易にします。

要件定義から製品化までを網羅するデータ中心のEE設計フロー

主要な車載機能の電子化が進むなか、EE設計は製品全体の設計にますます大きな影響を与えるようになってきました。このため、確度の高い迅速な設計判断は、概算ではない精緻なデータに幅広くアクセスできるかどうかにかかっています。

   

機能

  • マルチドメイン: ソフトウェア設計、ハードウェア設計、ネットワーク設計、電気設計など複数の設計ドメインの連携を容易化する単一環境
  • 機能特性評価: ドメイン固有のシンタックスに頼ることなく、豊富な機能情報をキャプチャ
  • セマンティック検証: リアルタイム実行の一貫性チェック機能により設計品質を最大化
  • ルールベースの機能実装: 機能と信号接続を車両プラットフォームのリソースに自動マッピングさせることで開発期間を短縮しエラーを回避
  • グラフィカル設計環境: 各設計ドメインに適したスタイルを自動的に適用したダイアグラム(図面)を生成する設計支援機能
  • 設計指標のカスタマイズ: 実装最適化に向けて、コスト、重量、頭上空間などプロジェクト目標の達成に導くガイド機能
  • 設計から製造までのフロー連携: 各ドメインに特化した製造設計ツールにデジタル継続性を確立することで開発期間を短縮しエラーを排除
  • データ管理: ユーザ、出図、コンフィギュレーションなどを強力に管理する機能により、確実性とプロセス一貫性を最大化
  • 統合型アプリケーション: 要求仕様、機能モデル、機械モデルなど周辺データソースとの統合により、エラー排除とトレーサビリティ確保

詳細

Capital Systems Capture

Capital Systems Capture

機能特性と信号接続仕様を記述し検証

Capital Systems Architect
Capital Systems Architect

Capital Systems Architect

機能と信号を車両内部のリソースに自動または手動でマッピング