メンター・グラフィックスのCapital、
ゼネラルモーターズの車両開発サイクルタイムを短縮し、
効率性を向上

2016年02月17日

  ゼネラルモーターズが新車両向け電装システムとワイヤハーネスの設計にメンター・グラフィックスのCapitalを採用

ゼネラルモーターズが新車両向け電装システムとワイヤハーネスの設計にメンター・グラフィックスのCapitalを採用

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、ゼネラルモーターズが同社の車両開発プロジェクトにCapital®電装システム設計ツールを採用したことを発表しました。Capitalは、サイクルタイムの短縮、エンジニアリングプロセスの向上を実現し、ゼネラルモーターズが消費者の求める新しい電子機能を効率的に提供できるように支援します。これを実現するのが、設計資産の再利用機能や、プラットフォームレベルの配線を自動生成する「Correct-by-Construction(構築することで正しい結果が得られる)」手法をはじめとするCapitalの強力な技術です。

今後のゼネラルモーターズにおける新型車両の電装システムはCapitalによって設計されます。既存車両の設計データも、メンター・グラフィックスのコンサルティングチームが開発したユーティリティを使ってCapital用に変換されます。この結果、Capitalのルールデックやライブラリといったインフラストラクチャ面での可用性やツールとの親和性が高まり、迅速なツール展開が可能になります。

ゼネラルモーターズはまた、WebベースのMentor® Learning Centerから提供されるオンデマンドトレーニングを活用し、ツールを使用するユーザ全体のスキルアップも図っています。Mentor Learning Centerは、チュートリアル、実践型演習、理解度テストで構成されており、ユーザは目的に応じたコースを好きな時に受講できます。

ゼネラルモーターズも多くの自動車OEM同様、仕向地の嗜好に合わせて開発した複数のコアプラットフォームに基づいて自動車を製造しています。この手法は、コスト効率が非常に優れている反面、総合的なデータ処理や社内IT環境との互換性が求められます。

車両開発プロセスの基幹システムの入れ替えには多大な労力を伴います。にもかかわらず、ゼネラルモーターズはCapitalへの移行作業を進めながら、車両量産用の設計データを予定どおりリリースさせるなどの重要なマイルストーンを確実に達成してきました。「今回のゼネラルモーターズの事例は、迅速かつ非常に体系的にCapitalを展開した良い見本と言えるでしょう。今後も、例えば電装システムコンフィギュレーションの複雑性制御や保守サービス文書の自動作成など、Capitalを拡大適用できる分野を探りつつ、さらなる協業を期待しています。」メンター・グラフィックス、Integrated Electrical Systems Division、General Manager、Martin O’Brienは、上記のように述べています。

Capitalについて
Capitalは、電装システムの製品定義から設計、ハーネス製造、車両保守整備に至るまで、複雑な電装システム開発で直面するさまざまな課題に対処する高度なソフトウェアスイートです。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、過去12ヶ月間の売上高として12.4億米ドル超を計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

 

電装システムおよびワイヤ・ハーネス設計について

 

本件に関するお問合わせ

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
マーケティング部
エリソン 有理
E-mail: yuri_ellison@mentor.com

ニュース/プレスリリース