リアコーポレーション、メンター・グラフィックスの
Capitalを導入し、複雑化が進む自動車の設計と
開発期間短縮に対応

2016年06月02日

LVPGは、リアコーポレーションが独自開発した自動車OEM向け電装システムおよびワイヤ・ハーネス設計最適化および検証ソフトウェアスイート

LVPGは、リアコーポレーションが独自開発した自動車OEM向け電装システムおよびワイヤ・ハーネス設計最適化および検証ソフトウェアスイート
メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、リアコーポレーションがLear Virtual Proving Grounds(以下、LVPG)と呼ばれる同社の電装システム設計ファシリティに、メンター・グラフィックスの電装システム設計スイートであるCapital®を導入したことを発表しました。LVPGは、自動車OEMの電装システムおよびワイヤ・ハーネス設計を最適化および検証することを目的としてリアコーポレーションが独自開発したソフトウェアスイートです。完全にデジタル環境であるLVPGはOEMの要求に素早く確実に応え、市場における差別化を実現します。

リアコーポーレーションは、接続関係の取り込み、プラットフォームレベルの配線合成、設計最適化と検証、電気シミュレーションといった各種機能を提供するCapital製品を導入

リアコーポーレーションは、接続関係の取り込み、プラットフォームレベルの配線合成、設計最適化と検証、電気シミュレーションといった各種機能を提供するCapital製品を導入
LVPGは電気設計と機械設計をそれぞれ担う2つのレイヤから構成されており、Capitalは電気設計レイヤの基本構成ブロックとして位置づけられています。接続関係の取り込み、プラットフォームレベルの配線合成、設計最適化と検証、電気シミュレーションなどを可能にする最新のCapitalが電気設計レイヤに実装されています。電気設計レイヤと機械設計レイヤ間で持続的にデータが交換されることから、同期エラーを排除します。

「自動車開発におけるエンジニアリングは、完全仮想プロトタイピングの方向へと急速に向かっています。設計が複雑化し、開発時間の短縮が求められる中でこの流れは避けられません。LVPGを着想したとき、Capitalにはこうしたニーズを満たす電装設計機能が備わっていることに気づきました。Capitalツールスイートの持つフロー網羅性と自動化はもちろん、データを中心とする考え方と高い統合性は、OEMに堅牢な設計を迅速に納品するためにリアコーポレーションが掲げる仮想設計哲学とも合致しています。また、Capitalで設計したハーネスのデータを世界各地の製造システムへと直接送り込み、設計から製造までのシームレスなプロセスを達成するという思わぬ副産物まで得ることができました。」リアコーポレーション、Electrical Engineering Vice President、Bill Presley氏は、上記のように述べています。

メンター・グラフィックス、Integrated Electrical Systems Division、General Manager、Martin O’Brienは、以下のように述べています。「LVPGは、Capitalを最も高度に導入した事例の1つと言えるでしょう。優れたサービスを展開している企業が独自に開発している専用環境に強力な商用ソフトウェアツールを組み込んだ素晴らしいケースです。LVPGの進化に合わせて、今後もリアコーポレーションと協力できることを楽しみにしています。」

Capitalについて
Capitalは、電装システムの製品定義から設計、ハーネス製造、車両保守整備に至るまで、複雑な電装システム開発で直面するさまざまな課題に対処する高度なソフトウェアスイートです。

Mentor Automotiveについて
Mentor Automotiveは、メンター・グラフィックスが長年培ってきたシステムエンジニアリング領域の豊富な専門知識をベースに、コネクティビティとネットワーク、車内エクスペリエンス、サブシステムと関連技術を3つの軸とした業界をリードする自動車設計ツールおよびソフトウェア群を提供し、自動車業界が直面する複雑な設計課題の解決を支援します。Mentor Automotiveについての詳しい情報は、www.mentorg.co.jp/solutions/automotive/をご覧ください。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、昨年度売上高としておよそ11.8億米ドルを計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

 

電装システムおよびワイヤ・ハーネス設計について

 

本件に関するお問合わせ

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
マーケティング部
エリソン 有理
E-mail: yuri_ellison@mentor.com

ニュース/プレスリリース