Mentor Automotive、
世界2大自動車開発技術教育プログラムに加盟

2016年10月13日

Mentor Automotive、世界2大自動車開発技術教育プログラムに加盟 メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、Partners for the Advancement of Collaborative Engineering Education(PACE)、およびアメリカ合衆国エネルギー省(DOE)とゼネラルモーターズが後援するEcoCAR 3に加盟したことを発表しました。メンター・グラフィックスは、OEM、Tier 1サプライヤ、および世界各国の主要大学に自動車の設計開発向け製品ラインであるMentor Automotiveを提供し、自動車設計開発技術における研究開発の生産性向上を支援しています。この取り組みの一環として、上記2つのプログラムに参加しました。

メンター・グラフィックスは、同社の高等教育プログラム(HEP)を通じて、数千万ドルに上る業界最先端のMentor Automotive関連ソフトウェア、サポート、トレーニングを、PACE、EcoCAR 3に参加する大学および学生チームに提供します。学生は卒業前に最先端のスキルと手法を身につけ、卒業後すぐに自動車会社に貢献できるようになります。

PACE
PACEは、将来的な自動車の製品ライフスタイル管理(PLM)チーム育成を目的としてゼネラルモーターズが創設したプログラムです。ゼネラルモーターズは、PACEに参加している世界65の大学から多数の人材を採用しています。Mentor Automotiveは、Capital®製品ライン(電装システム/ハーネス設計)、SystemVision®(電装システムシミュレーション)、FloEFD™ 3D(Siemens NX 3D CADパッケージ統合の熱/流体解析)、FloTHERM®(電子機器冷却解析)、Xpedition® Enterprise(プリント基板設計プラットフォーム)、HyperLynx®(高速設計信頼性検証)など、ゼネラルモーターズが採用する自動車エンジニアリングツールと同じものをPACEに提供します。PACEは、ゼネラルモーターズを始めAutodesk、HP、Oracle、MathWorks、Siemens PLM Software、メンター・グラフィックスの支援を受けています。学生はPACEを通じ、ハイテク業界に就職後使用することになる重要なソフトウェアやプロセスの実践的なスキルを身につけます。

EcoCAR 3
EcoCAR 3は、DOEが主催し、同省とゼネラルモーターズが後援、アルゴンヌ国立研究所が運営するAdvanced Vehicle Technology Competition(AVTC)コンテストシリーズの1つで、北米の大学16チームが参加し、4年をかけて2016年型シボレーカマロV6を最先端のハイブリッド車へと再設計し直します。参加チームは、環境への影響削減と同時にアメリカを代表する同車の性能を維持し、最新のADAS(先進運転支援システム)機能まで設計します。メンター・グラフィックスは、Mentor Automotive製品ポートフォリオから、電装システム/ハーネス設計(Capital、VeSys®、SystemVision)、熱流体解析(FloEFD、Flowmaster®、FloTHERM)、車載ネットワーク/システム設計(Volcano™ VSx)、組込みシステム開発(Sourcery™ CodeBench、Nucleus® RTOS)、PCB設計/検証(PADS®、Xpedition Exterprise、HyperLynx)を始めとする幅広いソフトウェアやツール群を、EcoCAR 3に提供します。

「メンター・グラフィックスからCapitalの提供を受け、電装設計やドキュメント作成が大きく改善しました。非常に柔軟な設定が可能で、パワートレインの電気システム設計の詳細も容易に取り込めます。企業グレードITの導入時にありがちな問題に悩まされることなく、企業グレードのコラボレーションツールやユーザ管理ツールが使え、MCADの統合により2016年型シボレーカマロ向けカスタムハーネスを正確に定義、配線できました。また、物理配線に1度も触れることなく何度でもデザインを解析でき、スイートとしても使いやすいので作業スピードも格段にアップしました。」McMaster大学、EcoCAR 3 Electrical Team、Lead Engineer、Jonathan Moscardini氏は、上記のように述べています。

McMaster大学チームが設計したハイブリッドのシボレーカマロは、高性能、高エネルギー効率のハイブリッド車の未来を示唆するものです。複合馬力600のこのハイブリッド車は、航続距離が300マイル超、電気のみでも30マイルのレンジに届きます。燃費も1ガロンあたり42マイルと非常に良く、マッスルカーの熱烈ファンならその加速感(0から60mphまで4.6秒)を絶賛することでしょう。

「EcoCAR 3は、世界で最も重要な自動車技術コンテストの1つです。4年足らずの間に学生がこれほど高性能の自動車を開発できたということは、彼らの才能の高さはもちろん、Mentor Automotive製品を始めとする最先端設計ツール/ソフトウェアのパワーが増しているという事実の証明だと思います。」メンター・グラフィックス、Integrated Electrical Systems Division、Business Development Director、Nick Smithは、上記のように述べています。

Mentor Automotiveについて
開発リスクを軽減し、複雑な設計課題を効率的かつ迅速に解決することで定評のあるMentor Automotiveは、ソフトウェア、ハードウェア、製品統合、接続性、標準準拠など多岐にわたるソリューションを提供し、自動車業界の主要OEMとTier 1サプライヤに利用されています。Mentor Automotiveは、以下4つの業界領域に注力しています。

  • 接続性 - 車と人と外界をつなげる
  • 自動運転 - 自律走行と運転支援システム
  • 電化 - 電気自動車と支援技術
  • アーキテクチャ - EEアーキテクチャとシステム実装

詳細は、www.mentorg.co.jp/automotive/をご覧ください。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、昨年度売上高としておよそ11.8億米ドルを計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

 

電装システムおよびワイヤ・ハーネス設計について

 

本件に関するお問合わせ

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
マーケティング部
エリソン 有理
E-mail: yuri_ellison@mentor.com

ニュース/プレスリリース