Precision RTL

Precision RTLは、結果品質(QoR)の優れた入門レベルのFPGA合成ソリューションであり、FPGAベンダに依存しない包括的なメンター・グラフィックスのFPGAソリューションの一翼を担っています。

 

高度な最適化、受賞歴のある解析、業界をリードする言語サポートなど豊富な機能セットを備えたPrecision RTLは、ベンダに依存しない設計、Time-to-Marketの短縮、設計エラーの解消、優れた結果品質を実現します。

主な特長と利点

FPGAベンダに依存しない合成

  • Altera、Lattice、Microsemi、Xilinx製デバイスをサポート
  • Abound Logic、Achronix、Atmel、QuickLogic、TierLogic製デバイスをOEMサポート
  • すべてのデバイスで同一のHDLと制約を使用

優れた結果品質

  • 性能/エリア目標を迅速に達成
  • 高度なタイミングドリブンの最適化
  • マルチベンダ対応のテクノロジ推定

受賞歴のある解析

  • RTLおよびゲートレベルのテクノロジスケマティック
  • what-ifタイミング解析を実行する対話型スタティックタイミングエンジン

業界をリードする言語サポート

  • Verilog、VHDL、SystemVerilog、EDIF形式の任意の組み合わせをサポート
  • SDC(Synopsys Design Constraint)をサポート

Precise-IP

  • あらゆるデバイスに対応するビルディングブロックIPを生成
  • Precision対応が検証されたサードパーティIPを活用

メンター・グラフィックスのツールとの統合

ASICプロトタイピングのサポート

  • ASICからFPGAへの移行プロセスを容易化
  • 自動ゲーテッドクロック変換
  • DesignWareインスタンスの変換
  • ASICタイミング制約(SDC)のサポート
製品情報リクエスト