メンター・グラフィックス、UPF Successive Refinement
Methodologyをサポートし次世代ローパワー検証を牽引

2015年09月10日

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、Questa® Power Aware SimulationおよびVisualizer Debug Environmentに組み込まれた新機能により、UPF (Unified Power Format) Successive Refinement Methodology(継承可能な詳細化メソドロジ)をサポートし、ARM®(本社: 英国ケンブリッジ)ベースのローパワー設計における検証再利用性と生産性を劇的に改善したことを発表しました。

UPFは、デザインと切り離して「ローパワー設計意図」を規定するもので、チップ設計の検証および実装段階で使用されます。従来のローパワーメソドロジは実装を重視しており、パワーマネジメントの複雑な要件の増加を受けて行き詰っていました。Successive Refinement Methodologyは、設計サイクルの初期段階でローパワー設計意図をより抽象的に定義してから、設計が実装段階へと過程が移行するのに従って詳細部分を作り込んでいくものです。検証プロセス全体を改善し、各段階で検証結果を再利用します。このメソドロジでは、IP/ブロック用の制約UPF、検証用のコンフィギュレーションUPF、実装UPFという3つにUPFを分割します。この結果、複数のソースと各ソースのローパワー設計意図からソフトウェアIPとサブシステムを開発し、全体でいち早く検証できるようになり、ローパワー検証の価値を高めます。

Successive Refinement MethodologyをUPF仕様に導入したのは、ARMのSenior Principal Research EngineerでありIEEE1801の主査を務めるJohn Biggs氏でした。このメソドロジの誕生以来、メンター・グラフィックスはARMと密接に協力してきました。この協力関係に基づいて、ARM製IPのための制約UPFと例となるコンフィギュレーションUPFをARMが提供し、Questa Power Aware Simulationを実行してフローを検証することによって、合成と配置配線を含む実装までのプロセスを完了しました。

「ARMは、変化の激しい市場に対して、ますます省電力化の進むプロセッサIPを提供しており、新しいプロセス最適化ツールを常に求めています。Successive Refinement Methodologyを用いることにより、ARMはローパワーアプリケーション向けに開発されたIPを、ローパワー設計意図を技術とは切り離して記述されたUPFとともに市場に届けることができます。この結果、ARMのパートナー企業はローパワー検証コストと時間を劇的に削減できるようになります。」ARMのSenior Principal Research EngineerとIEEE1801主査を兼任するJohn Biggs氏は、上記のように述べています。

「メンター・グラフィックスはUPFの開発当初から、ローパワー標準を推進しています。ARMとの共同作業から生まれたSuccessive Refinement Methodologyは、ますます複雑化するローパワー検証への対策として切実に求められていた「前倒し」を実現します。Questa Power Aware Simulationは、UPF2.1をネイティブにサポートするとともに、ローパワー検証とカバレッジを自動化します。パワーマネジメントの構造と動作をVisualizer Debug Environmentで検討するユニークな機能と併用することによって、Successive Refinement Methodologyを使ったローパワー検証フローの加速と自動化を実現します。」メンター・グラフィックス、Design Verification Technology Division、Vice President and General Manager、John Lenyoは、上記のように述べています。

Questa機能検証プラットフォームについて
メンター・グラフィックスのQuesta機能検証プラットフォームは、Mentor® Enterprise Verification Platformの中核となっており、さまざまな先進検証テクノロジを一貫性ある検証プラットフォーム上で組み合わせることによって、ASICおよびSoCの機能検証の生産性向上を実現します。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、過去12ヶ月間の売上高としておよそ12.4億米ドルを計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

 

機能検証について

 

本件に関するお問合わせ

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
マーケティング部
エリソン 有理
E-mail: yuri_ellison@mentor.com