インテル カスタム・ファウンドリー、メンター・グラフィックスの
物理検証/回路シミュレーションツールを10nmトライゲート
プロセスで認定

2016年06月10日

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、Calibre®物理検証プラットフォームとAnalog FastSPICE™(AFS™)回路シミュレーションプラットフォームが、インテル・コーポレーション(以下インテル)の10nmトライゲートプロセス技術におけるテープアウトサインオフ認証を取得したことを発表しました。インテル カスタム・ファウンドリー(ICF)の顧客は、インテルの14nm製造プロセス向けに開発されたメンター・グラフィックスのフローを拡張利用し、10nm製造プロセスでのデザインルールチェック(DRC)、LVS(Layout vs. Schematic)チェック、電気的信頼性解析、ナノメータ回路シミュレーションに適用できます。メンター・グラフィックスとICFは、イマジネーション・テクノロジーズ(以下イマジネーション)のPowerVR GT7200 GPUデザインを今回の10nmプロセス認証に使用しました。

「ICFとメンター・グラフィックスの協業により、PPA(Performance-Power-Area: 性能‐消費電力‐面積)に優れた第三世代トライゲート技術としてICFが提供している10nmプロセスを顧客が利用しやすくなりました。CalibreとAFSの両プラットフォームが認証されたことで、顧客企業は成功への強い確信を持って、他社との差別化を図る最先端SoCデザインをシミュレーション、検証できます。」ICF、Senior Director of Foundry Design Kit Enablement、Venkat Immaneni氏は、上記のように述べています。

ICFとメンター・グラフィックスのコンサルティングチームは、両社共通の顧客がCalibreでバリデーション済みの10nm設計をICFにリリースできるように、インテルの10nmプロセス向けモデルとルールキットを共同開発しました。業界トップのサイクルタイムと物理検証精度を誇るCalibre nmDRC™とCalibre nmLVS™は、プロセス要件を満たした設計の最適化に役立ちます。またCalibre PERC™を使用すると、EOS(電気的オーバーストレス)の保護回路や複数電力ドメインをまたぐ信号、その他のさまざまな要素の信頼性チェックを実施でき、早期の設計収束につながります。Calibre PERCは、デバイス種類や接続関係を定義するネットリストの情報と物理レイアウトの情報を統合し、複雑な信頼性チェックを自動化します。

回路の検証とキャラクタライゼーションのためのAFSは、ICFの10nmプロセスのデバイスモデルとデザインキットで認証を受けています。両社の顧客がアナログ、無線周波数、ミックスシグナル、メモリ、カスタムデジタルの各種回路の検証にAFSを活用すると、従来のSPICEシミュレータよりも高速にナノメータSPICE精度でシミュレーションを実行できます。

「イマジネーションは、PowerVR GPUをICFで製造する顧客にPPA向上につながる設計フローを提供する取組みを続けています。今回、その一貫として、インテルの10nmプロセス向けツール認証においてICFとメンター・グラフィックスと協業できたことを光栄に思います。PowerVR GT7200を含むPowerVRシリーズ7XTのGPUを使用すると、高い性能、効率性、セキュアなグラフィックおよび計算能力をミドルレンジからハイエンドの幅広いデバイスで実現できます。」イマジネーション、PowerVR Business Operations、Senior Director、Graham Deacon氏は、上記のように述べています。

「ICFとの持続的な協業関係は10nmトライゲート製造プロセスにまで広がっています。今回の認証は、メンター・グラフィックスが、IC設計者と先端プロセス技術をつなぐ信頼できる架け橋となっていることを示す新たな一例と言えるでしょう。」メンター・グラフィックス、Calibre Design Solutions、Senior Director of Marketing、Michael Buehler-Garciaは、上記のように述べています。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、昨年度売上高としておよそ11.8億米ドルを計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、http://www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

 

ICナノメータ設計について

 

本件に関するお問合わせ

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
マーケティング部
エリソン 有理
E-mail: yuri_ellison@mentor.com