メンター・グラフィックスがHyperLynx Allianceを設立、
高速設計業界の検証テクノロジを加速

2015年01月28日

業界主要パートナーと解析ツール、メソドロジ、モデル、リファレンスデザインを共同開発

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、ツール、データ、メソドロジの統合から最新技術の採用を促進するために、業界の主要パートナーと共同でHyperLynx® Allianceを設立したことを発表しました。HyperLynx Allianceでは、高速設計および検証ツール群であるHyperLynxをクラウドベースの仮想ラボで活用することにより、Time-to-Productivity(生産性を発揮するまでに要される時間)を短縮します。

パートナー企業のモデルとリファレンスデザインをHyperLynxツール群に取り込み、仮想ラボで理想的な設計メソドロジを提示することによって、高速プリント基板(PCB)のSerDes設計およびDDR設計の困難な課題を解決します。設計ツールの要求評価と設計ケースのセットアップに数日あるいは数週間を要することもありますが、仮想ラボはこのタスクに関連するエンジニアリング時間とコストを削減します。仮想ラボは、エンジニアが自分自身のメソドロジを考え出し、システム全体の性能向上のためにトレードオフを評価できるように、推奨設計プロセスを分かりやすく段階的にガイドします。

業界ベンダと共同開発されたHyperLynx Allianceの仮想ラボには、完全なHyperLynx設計環境、パートナー企業のIBIS-AMIモデルやSパラメータモデル、リファレンスデザインに基づくテストケース、ステップバイステップの利用法ガイドが含まれています。仮想ラボは無償で、時間を問わず利用可能となっており、どの仮想ラボでも作業を数時間で完了できます。仮想ラボでの成果物は、実設計と実装段階において再利用可能なリソースとなります。メンター・グラフィックスは、アルテラ・コーポレーション(以下アルテラ)、PMC-Sierra, Inc.(以下PMC-Sierra)、Samtec, Inc.(以下Samtec)、eASIC Corporation(以下eASIC)と仮想ラボを共同開発しました。

アルテラ向けのHyperLynx Alliance仮想ラボは現在、登録ユーザに無償で提供されています。PMC-Sierra、Samtec、eASIC向けの仮想ラボは、2015年初頭に提供開始予定です。すべての仮想ラボは、HTML5対応ブラウザからアクセスできます。詳しい情報は、www.mentor.com/pcb/hyperlynx/hyperlynx-allianceをご覧ください。

HyperLynx Allianceプログラムの概要

  • メンター・グラフィックスと業界主要パートナーが設立したHyperLynx Allianceは、仮想リファレンスデザイン、ツール、設計データに加えて、SerDesおよびDDRの設計と検証に関する困難な課題解決に定評あるベストプラクティスメソドロジへのアクセスを無償提供
  • 設立パートナー: アルテラ、PMC-Sierra、Samtec、eASIC
  • マルチギガビット速度で設計と検証がますます困難となっている最新の高速プロトコルに対応したターゲットベンダのリファレンスデザインに加え、ツールとモデルへの迅速なアクセスを提供するHyperLynx Allianceにより、エンジニアは推奨検証メソドロジとチャネル設計見本を使ってデバイスパラメータの評価とトレードオフを実行可能
  • 仮想ラボの内容: 完全なHyperLynx設計環境、パートナー企業のIBIS-AMIモデル、テストケース用のリファレンスデザイン、段階ごとに記述されたインストラクションガイド
  • HyperLynx仮想ラボは1コースあたり数時間で完了し、実設計と実装段階において再利用できるリソースとなる

「HyperLynx Allianceで唯一のFPGAベンダとなったことを嬉しく思っています。HyperLynx Allianceは、高速設計の定評ある実践例とメソドロジを共有できる、設計エンジニアにとって素晴らしいリソースです。共同開発された仮想ラボは、最大速度2666Mbpsで実行されるDDR3/DDR4メモリインタフェースや、最大速度28Gbpsで稼働するSerDesリンクなどのアルテラ製FPGAとSoCに採用されている最先端技術の数々を提供します。エンジニアリングコミュニティは仮想ラボを使って、設計を時間通りに予算内で成功裡に完成させるために必要な、専門的知識をスピーディに獲得できます。」アルテラ、Midrange Products、Senior Manager、Raj Patel氏は、上記のように述べています。

「HyperLynx Allianceプログラムは、簡単操作で信頼性の高いIBIS-AMIシミュレーションを顧客に提供することによって、業界で使用されているさまざまなケーブルやコネクタ類に対するSerDes検証を迅速に評価できます。SerDesで業界をリードするPMC-Sierraの顧客は、この仮想ラボを使用することで、最も包括的な設計メソドロジ、ツール、テクノロジを確実に入手できます。」PMC-Sierra、Enterprise Storage Division、Director of Applications、Eric Clement氏は、上記のように述べています。

「メンター・グラフィックスとパートナー企業は、高速DDRおよびSerDes設計のボトルネックを解消する具体的な設計アプローチに関する知識を広め、PCB設計エンジニアのコミュニティ内で共有するために努力しています。今日の設計チームの多くは、経験と設計ノウハウの不足や、最新の設計ソフトウェア、IC、ハードウェアテクノロジに身近に触れる機会の不足といった原因から、最新の高速設計課題に対処しきれていない傾向が否めません。HyperLynx Allianceは、ツール、技術、サポートをリアルタイムで提供することによって、最新高速設計の最も骨の折れる課題に対処する不安感を払拭するという、現代のPCB設計エンジニアのニーズに応えます。」メンター・グラフィックス、Board Systems Division、Vice President and General Manager、A.J. Incorvaiaは、上記のように述べています。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、過去12ヶ月間の売上高としておよそ11.5億米ドルを計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、http://www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

 

PCB設計について

 

本件に関するお問合わせ

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
マーケティング部
エリソン 有理
E-mail: yuri_ellison@mentor.com