メンター・グラフィックス、パワーアウェアSIシミュレーションを
実現するHyperLynxの新バージョンを発表

2015年03月17日

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、高速プリント基板(PCB)設計向けのシグナルインテグリティ(SI)/パワーインテグリティ(PI)解析ツールであるHyperLynx®の最新バージョンを発表しました。HyperLynxは、設計初期のアーキテクチャ段階からポストレイアウト検証に至るまでのフロー全体を通じて、高速システム設計にまつわる課題を解決します。

今日のICにおける複雑性と高速性の増大に伴い、また電源供給問題の影響も受け、信号劣化とタイミング問題がさらに深刻化し、ボード性能への悪影響や高価な再設計の原因となる論理エラーが懸念されています。包括的なHyperLynx SI/PIは、プリレイアウトおよびポストレイアウトのSI、タイミング、クロストーク、PIを解析して正確なシミュレーション結果を迅速に生成することにより、設計リスピンを解消します。HyperLynx SI/PIの新機能には、パワーアウェアIBISモデルのサポート、DDR4/LPDDR4(ローパワー設計向け次世代メモリ)の妥当性確認ためのDDRxウィザードが含まれています。

HyperLynxの製品ハイライト

  • HyperLynx SI/PIに追加されたパワーアウェアSIシミュレーションが、DDR3やDDR4をはじめとする高速パラレルリンクの精密なモデル化と信号性能解析を実現
  • パワーアウェアIBIS v5.0モデリングに基づき、同時スイッチングノイズ(SSN)、タイミングの電源効果、SIを正確にシミュレーション
  • 最新JEDEC規格に準拠するDDRxウィザードで、次世代DDR4とLPDDR4を含むあらゆる種類のDDRおよびLPDDRメモリを検証
  • ソシオネクスト(2015年3月1日付で、株式会社ソシオネクストが富士通セミコンダクター株式会社およびパナソニック株式会社のシステムLSI事業を承継)、マイクロン、メンター・グラフィックスの3社による共同研究において、優れた精度を維持しつつ、トランジスタレベルの解析と比較して95%の時間短縮を達成
  • 精密、かつ業界の他手法と比べて5倍から10倍高速な統合Sパラメータ抽出とシミュレーション
  • 高性能のDC電圧降下/熱コシミュレーションは、電圧降下、高電流エリア、結果として生じる温度変化を、競合ソリューションと比較して何桁も速く予測

DesignCon 2015にてBest Paperにノミネートされた、DDR4のシミュレーション精度に関する技術文献は、www.mentorg.co.jp/pcb/DDR4-Board-Designからダウンロードいただけます。

高速PCB設計向けのHyperLynx SI/PIに関する詳しい情報は、www.mentorg.co.jp/pcb/hyperlynx/をご覧ください。

「ソシオネクストは、微細化に伴ってますます複雑になるSI/PI問題に、お客様、パートナー様と一緒に取り組んでおります。今回、当社はメンター・グラフィックスとのコラボレーションにより、HyperLynx上にDDR4 Simulation Kitを構築しました。2Gbpsを超えるDDR4の設計ではSSNを考慮したSI/タイミング解析が必須となりますが、当社のIBIS5.0モデリング技術とメンター・グラフィックスのIBIS5.0を用いたHyperLynxパワーアウェアSIソリューションにより、DDR4 Simulation Kitではトランジスタレベルの解析と同等の精度を維持しつつ、95%の解析時間短縮を図ることができました。当社では今回開発したSimulation KitをDDR4が搭載されるサーバやストレージといったハイパフォーマンス機器用カスタムSoCの開発やさらなる高帯域、低電力化を目的としてLPDDR4が搭載される予定のモバイル機器用カスタムSoCの開発へも適用してまいります。これによりお客様と当社は、メンター・グラフィックスの質の高いグローバルカスタマーサポートの下、継続して設計生産性の向上と開発コストの削減を図ることができると確信しております。」株式会社ソシオネクスト、カスタムSoC事業部 SoC商品技術部、部長、鶴 隆行氏は、上記のように述べています。

「市場をリードするHyperLynxは今後も、最先端のシステム設計に求められるハイスピード要求に応えていきます。メンター・グラフィックスの新しいパワーアウェアモデル技術を活用すると、複雑な信号プロトコルのシミュレーションを正確に高速実行し、時間とコストを大幅に削減できます。」メンター・グラフィックス、Board Systems Division、Vice President and General Manager、A.J. Incorvaiaは、上記のように述べています。

パワーアウェアIBISモデル
HyperLynxの最新バージョンは、非理想電源の効果を表すIC向けのIBIS(Input/output Buffer Information Specification)v5.0モデルをサポートしています。この機能は、プリドライバ効果や供給電圧降下によるスイッチング動作の遅れなど、供給される電流を正確にモデル化するとともに、バッファのキャパシタンスのモデル性能を高めます。パワーアウェアIBISモデルは、DDRx解析を含むすべてのタイプのシミュレーションに適用可能で、タイミングの電源効果と信号品質を確認できます。HyperLynxは、次世代メモリのインターコネクトを設計する際に決定的に重要となるSSNをモデル化します。

最新JEDEC規格に準拠したDDRxウィザード
DDRxウィザードは最新のJEDEC規格に準拠しており、DDR4とそのローパワー版に相当するLPDDR4など、すべての種類のDDRメモリを検証できます。また、DDR3ならびに次世代のDDR4メモリシステムを完全に検証するためにアイダイアグラムを生成します。シミュレーション内の個々のビットすべての妥当性を確認するために、DDRxとLPDDRxのための統合タイミング解析などアイダイアグラムに基づくメトリクスチェックを実行します。

HyperLynx SI/PIのその他の機能

  • 適切なスタブ除去に伴うビアを正確にシミュレーションするためのバックドリルのサポート。「what-if」シナリオを迅速に確立し、ドリルを有効化あるいは無効化
  • Touchstone Viewer機能は、IEEE 802.3 Ethernet仕様に定義されたILDやICRをはじめとするメトリクスに基づいて計算し、標準からミックスモードへのSパラメータモデル変換を含む、インターコネクトの差動クロストーク特性を評価
  • SerDes機能の追加によって、新しいIBIS 6.0の機能、FastEyeウィザード内のCTLEイコライゼーション、バッチAMI実行のための128b/130bエンコーディングとコンフィギュレーションファイルをサポート

 図1. 電源品質上のDQ信号に及ぼす影響を表し、従来型のSPICEモデリングとIBISベースのHyperlynxによる結果の優れた相関を示した図
図1. 電源品質上のDQ信号に及ぼす影響を表し、従来型のSPICEモデリングとIBISベースのHyperlynxによる結果の優れた相関を示した図

HyperLynxの入手方法
パワーアウェア高速設計を支援するHyperLynxの最新バージョンは現在入手可能です。製品に関する詳しい情報は、www.mentorg.co.jp/pcb/hyperlynx/signal-integrity/をご覧ください。HyperLynxに関する新しい技術文献『DDR4実装基板設計とシグナルインテグリティ検証の課題』については、www.mentorg.co.jp/pcb/DDR4-Board-Designをご覧ください。

Time-to-Productivityを加速するHyperLynxの詳細情報については、無料仮想ラボを含むクラウドベースの学習センター、HyperLynx Allianceを閲覧ください。一連の仮想ラボでは、提携企業のモデルとリファレンスデザインをHyperLynxによって強化し、高速PCB、SerDes、DDRの複雑な設計課題を解消する理想的な設計メソドロジをご覧いただけます。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、過去12ヶ月間の売上高としておよそ11.5億米ドルを計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、http://www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

 

PCB設計について

 

本件に関するお問合わせ

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
マーケティング部
エリソン 有理
E-mail: yuri_ellison@mentor.com