DISCOVERY 2021

電子システムのデジタル・トランスフォーメーション

イベント情報

開催期間: 2021/4/23(金)~ 2021/10/1(金)
開催時間: 14:00~15:00(受付: 13:45以降随時)
会場: オンライン
定員: 各100名(ライブ配信時)
<ご注意>

弊社が競合、異業種と判断した企業およびその代理店の方、法人格を持たない個人の方、対象外と判断した方については、ウェビナーへの登録、参加をお断りする場合がございます。また、プログラムや日程は予告なく変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

Part 1: モデルベース・エンジニアリングのすすめ

オンデマンド

セッション1:MBEにおける実用的なスイッチング電源ICの性能検討方法と新たな電気回路 - 熱回路検証フロー

セッション2: 電気 - 熱の1Dマルチドメイン解析を実現するSimcenter FlothermのROM機能

オンデマンドで視聴

 

Part 3: DDR5/LPDDR5に対応するパワーアウェアSI/PI
解析

開催日時: 2021/6/25(金)14:00 - 15:00

最新テクノロジへのHyperLynx SI/PIを使用した解析ソリューション
~DDR5/LPDDR5 Power Awareへの挑戦~

高速化、省エネ化が進む現在のテクノロジにおいては、従来のターゲットインピーダンスを満たすスタックアップの定義、クロストーク、遅延の影響の考慮、CLK信号の信号波形のノイズなどの検証に加え、損失、インピーダンス、ビアスタブ、PDNが信号に与える影響などを正確に処理するためのチャネルのモデリングと正確な解析結果を出力することが、高速信号解析の鍵となります。

シーメンスEDAの最新シグナル・インテグリティ/パワー・インテグリティ(SI/PI)解析ソリューションであるHyperLynx SI/PI VX2.8には、DDR5/LPDDR5に特化した解析機能が追加され、DDRインタフェースやマルチギガビット設計として高速信号を正確に解析するための手法が採用されました。

参加登録

 

Part 5: 複雑化する電子システムのためのマルチボード
設計

開催日時: 2021/8/27(金)14:00 - 15:00

Xpeditionが提供する論理設計システム(マルチボード設計)
昨今のテクノロジの進化に伴い製品自体が複雑化することで、システム全体を俯瞰した論理設計/検討が必要になってきています。本ウェビナーでは、マルチボード設計ツール(Xpedition System Designer)によるシステム全体における論理検討および各ソリューションとの連携機能をご紹介いたします。

また、回路図エントリーであるXpedition Designerを中心とした回路設計システムとしての特長や優位性について、機能面や運用面の視点からご紹介していきます。

参加登録

概要

モデルベース・エンジニアリング(MBE)の実現には、デジタルツインおよびデジタルスレッドをフロー全体を通して実現する必要があります。このようなデジタルフォーメーション(DX)の実現には、様々な要素技術の統合が不可欠です。

そこで、今回のDISCOVRY 2021シリーズでは、全6回にわたり、最新の要素技術に焦点を当てていきます。フロー全体のDXには時間と手間がかかりますが、各要素技術の導入は比較的簡単に達成でき、かつ十分なリターンが設計効率と設計品質の向上、設計コストの削減としてすぐに得られます。設計現場ですぐに活用できるソリューションを集めました。ぜひご参加ください。

Part 2: 電子システムの設計品質の向上と製造コストの
削減

オンデマンド

Valor NPIのDFM検証を利用したPCB設計品質の向上と製造コストの削減
PCBの設計~製造プロセスにおいて、Right-The-First-Time(後で修正に時間をかけるのではなく、初回から正しいものを作る)を実現するためには、最適なトレードオフの決定を下せるように設計者を支援する機能が必要不可欠となっています。

本ウェビナーでは、DFM(Design for Manufacturability: 製造性考慮設計)の考え方に基づき、PCBのデザインレビューをシステム化するValor NPIの最新機能についてご紹介いたします。

前半のパートでは、リジッドフレキシブル基板のDFM検証手法についてご紹介いたします。複雑な設計制約が要求されるリジッドフレキシブル基板のデザインフローにValor NPIを適用することで、試作前に製造上の問題を検出し、リビジョンスピンを最小限に抑えることができるようになります。後半のパートでは、パネルデザインの最新機能についてご紹介いたします。PCBデザインプロセスの早期段階でパネルの製造コストを検討し、高度なDFMチェックによってパネルが製造可能であるかどうかを事前に検証することによって、Time-to-Marketを短縮します。また、実装工程やPCB製造業者のガイドラインを遵守してパネルレイアウトを設計することで、手違いやムダが発生すリスクを低減します。

 
  オンデマンドで視聴
 

 

 

Part 4: 「正しいインピーダンス設計」は「正しいPCBスタックアップ設計」から始まる

開催日時: 2021/7/30(金)14:00 - 15:00

「正しいインピーダンス設計」は「正しいPCBスタックアップ設計」から始まる
さらなる高速化に向けた基板設計における信号品質の向上には、製造性も考慮した正しいスタックアップのプランニングが不可欠です。しかしほとんどの場合、製造メーカーから提供される情報任せであったり、おおよその仕様を提示して製造メーカから示された情報によって決めたりしているのが現状だと思われます。

そのようにして導き出されたプランニングでは、製造性とインピーダンスが保証されているかもしれませんが、電気設計者の意図している性能を保証できるかどうかには疑問が残ります。 また、性能評価後に気付いたとしても、変更のための時間とコストがかかります。

本ウェビナーでご紹介するスタックアップ・プランニングツール(Z-Planner)は、電気設計者が設計上流から 「正しいインピーダンス設計をするために正しいPCBスタックアップを検討し、決定していく」 ための仕組みを提供します。

 
  参加登録
 

 

 

Discovery 2021 - Part 6

開催日時: 2021/10/1(金)14:00 - 15:00

Xpeditionを活用したレイアウト設計(仮題)
調整中

 
  企画中
 

動作環境

What do I need to watch and hear this web seminar?

Mentor Graphics’ web seminars are delivered using Adobe Connect. To watch the seminar all you need to have installed is the Adobe Flash Player, version 8 or later on Windows, Macintosh, Linux, and Solaris. The Flash Player is already installed on over 98% of internet connected computers worldwide so you will not have to install any software prior to attending the meeting. You will be able to login to the seminar room 15 minutes prior to the start time on the day of the presentation. You can hear the audio using your computer’s speakers via VoIP (Voice over IP) and background music will play prior to the beginning of the presentation.

Detailed system requirements

Microsoft® Windows Vista® Home Basic, Home Premium, Ultimate, Business, or Enterprise (32-bit edition)

  • Microsoft Internet Explorer 7 or later
  • Mozilla Firefox 2
  • Adobe Flash® Player 8 or later

Microsoft Windows® XP Professional or Home Edition with Service Pack 2

  • Microsoft Internet Explorer 6, 7
  • Mozilla Firefox 1.x, 2.x
  • Mozilla 1.x or later
  • Netscape 7.x
  • Adobe Flash Player 8 or later

Microsoft Windows 2000 with Service Pack 4

  • Microsoft Internet Explorer 5.x
  • Mozilla Firefox 1.x, 2.x
  • Mozilla 1.x
  • Netscape 8
  • Adobe Flash Player 8 or later

Windows hardware requirements

  • Intel® Pentium® II 450MHz or faster processor or equivalent (1GHz recommended when screen sharing)
  • 128MB of RAM

Mac OS X v10.4, 10.5 (Intel)

  • Firefox 1.5.0.3, 2.x
  • Safari 2.x
  • Adobe Flash Player 8 or later

Mac OS X v10.4 (PowerPC®)

  • Safari 1.x, 2.x
  • Firefox 1.x
  • Mozilla 1.x
  • Netscape 7.x or later
  • Adobe Flash Player 8 or later

Mac OS hardware requirements

  • PowerPC G3 500MHz or faster or Intel Core™ Duo 1.83GHz or faster processor
  • 128MB of RAM

Linux:

  • Red Hat® Enterprise Linux® (REHL) 3 update 8; RHEL 4 update 4 (AS/ES/WS); Novell SUSE® 9.x or 10.1
  • Mozilla Firefox 1.5.0.7, 2.x
  • Mozilla 1.7.x
  • SeaMonkey 1.0.5
  • Processor: Modern processor 800MHz or faster (1GHz recommended)
  • Memory: 512MB of RAM; 128MB of graphics memory
  • Adobe Flash Player 9 or later

Solaris™

  • Mozilla 1.7
  • Adobe Flash Player 9 or later

Additional requirements

  • Minimum bandwidth 56Kbps